デザイン、リゾート、建築、本、映画、音楽、に関すること。myaquariummail@gmail.com


by myaquarium

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
art
city
music
movie
think
book
design
resort
magazine
food
未分類

以前の記事

2016年 09月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

お気に入りブログ

あきよしちひつどう
ライター・原口純子の北京日記
YUZURIHA NEWS
日常と映画の関係
portagioie
Feels like h...
建築設計な日々(遊工舎・...
中国の風 - 天気良好、...
中国語奮闘記
エンゾの写真館 with...
*あみの中国語ブログ*
詩と人生と
九谷焼の北山堂 店長日記
note
t.a.t.d.
待ってろkichiji
Design BLOG
異邦人
HEROM'S冩眞舘
Kippis! from...
ヤマザキマリ・Seque...
酔いどれ広報マン中国をゆく
ことことのなにげない日々...
ゆらゆら日記
おいしい旅。
ツレヅレハナコ blog...
KA4K
うひひなまいにち
lightanddishes
su・te・ki Seoul
内澤旬子 空礫絵日記
ML日誌
五本木日和
あの空のむこう側

最新のコメント

http://www.d..
by uvlaEssexia at 15:33
Yes, the gov..
by gayKl at 00:09
お久しぶりです。 旅行..
by mhikari3 at 19:53
>あっきさん すみませ..
by myaquarium at 08:10
ご無沙汰です。鞄が喜んで..
by おさむっち at 15:47
たけさん生きてるのかな、..
by あっき at 07:21
こちらこそ!宜しくお願い..
by myaquarium at 10:30
ご無沙汰しております。 ..
by おおかわ at 00:11
屋形船のような風流なもの..
by syano at 23:58
バターは確かに。でも美味..
by myaquarium at 22:22
いいですね。 最近私も..
by あっき at 00:21
有り難うございます。そう..
by myaquarium at 07:36
1000件、おめでとうご..
by mhikari3 at 15:07
良いですね。ちょっとどう..
by myaquarium at 17:14
ウイスット・ポンニミット..
by みしな at 23:06
そうなんですね!でも完売..
by myaquarium at 08:49
あら、先週いました。ワタ..
by あっき at 22:34
そうそう女性のお客さんの..
by myaquarium at 21:41
かわいいです~。色がぐん..
by みしな at 00:29
当たり前なのかもしれない..
by myaquarium at 23:27

LINK

最新のトラックバック

宇宙の95%が完成、ピー..
from web magazine G..
ハリケーン損害、大規模停..
from 【新着】アメリカ ハリケーン..
よろしく
from こんにちは
クラムボン 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
「歌舞伎町のミッドナイト..
from 月灯りの舞
ピアノ講師の求人募集転職..
from ピアノ講師の求人募集転職採用..
テロルの決算 沢木耕太郎
from 国内航空券【チケットカフェ】..
湘南の不動産
from 湘南住宅ナビ
WEBマーケティングとS..
from マーケティング.biz
MOSの資格と求人
from 転職求人

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
本・読書

画像一覧

銀座のイルミネーション

マロニエ通と中央通の四つ角、銀座二丁目の交差点は華やかですね。LOUIS VUITTON/2000年10月、Cartier/2003年9月、CHANEL/2004年12月、BVLGALI/2007年11月、とバブル崩壊後2000年代に入り、リーマンショックまでの間に出来ていたのですね。Cartierのビルは大倉本館だったりと由緒あるエリアですが、これからクリスマスまでの間は奇麗です。
c0062361_1754529.jpg
c0062361_17544451.jpg
c0062361_17543523.jpg
c0062361_17542613.jpg

c0062361_17573633.jpg
c0062361_17572973.jpg
c0062361_17571985.jpg
c0062361_1757120.jpg

躯体は残しながらも、正にショーウィンドーの機能を更新して行く、建築自身がファッションそのものということが成り立つのは銀座ならではという気もします。表参道も地形が豊かで面白いですが、あまりにも車道で分離されている感が出ていて勿体ないですね。
[PR]
# by myaquarium | 2013-11-04 18:12 | design

吉岡徳仁 クリスタライズ展

言わずと知れた吉岡徳仁展覧会へ。木場の東京都現代美術館は連休の終わりにも拘らずさすが文化の日の振替え休日。混んでいた。全部ではないものの一部で携帯電話を利用した撮影は認められていてある種集客に一役買っている気もした。

最初に登場するのはおびただしい数のストローで表現された空間。確かにそのボリュームは凄い。その手間を考えても途方もない気がする。ただ素朴に思うのは、このストローどうするの?っていうこと。別にアーティストなので小難しいことを考えなくても良いと言う発想も分かる。でも、2013年の現代で、なんの変哲もストーリーも無い、言わば「無駄遣い」の極地としてのこのリソースの使い方は、果たして評価されるものだろうかと?
空間を表現するのは痛々しいほどの物質的アプローチでしか出来ないはずはなくて、それは言わば"Olafur Eliasson"同様、光を吉岡自身の作品の中でも使って表現していることからも言えると思う。建築が、重力に逆らって、軽く、薄く、高くなっていく中で、コンテンポラリーな文脈では消えようとする、という新しくて古い流れがあるのと同様、アートも、存在として、或は意義としても消えようとしているけれど、でも、そこになければアートとして表現出来たことにはならなくて、という矛盾する図式の中、個人的には、吉岡の限界を感じる作品が多かった。
確かに虹の教会は、丁度光が射す瞬間だったこともあり神々しかった。でも、芸術家と建築家の違いと言うか。そこには計算された意思は感じにくかった。確かに仕方ない。建築は空間的経験を言わば手作りでコントロールし切るけれども、アーティストはその場所における経験を全て決めることは出来ないから。でもその代わりに、どのような空間でも思い切った経験をさせることが可能だと思う。その点では、実は虹の教会の展示室に置いてあった椅子に座ることが面白い経験なのかもしれない。率直に言うと、建築家になりきれない芸術家、という感じがしてしまったのだ。いや、建築への憬れと言い換えても良いかもしれない。そう考えると、彼のプロダクトはとても完成度が高いと思う。そう、別に建築家と張らなくても良いのではないかと。

その点で言うと、いっそBerndnaut Smildeの方がぶっ飛んでいて面白い。福田尚代とかもある意味、同じような気がする。自分でコントロール出来るものを圧倒的にコントロールしてアートにするというか。そもそもアーティストに定義なんて無いかもしれないけれど、アートがアートであるためには、それは極めて自省的な行動にどうしてもなってしまうから(だって自分以外の誰が完成したと決めることが出来るのか?)。だから、別に表現したいものを表現すれば良いのだとは思う。

でも、その結果が、なんか張り合うとか、結果として今の時代の文脈で何のメッセージ性も無い工業製品を大量に使って空間を作り出すとかっていうのは、ちょっと人を感動させるとか、そういうことには結びつかないのではないかと。或は、1つのアートの方向性として、評価されるべき軸ではないのではないかと感じてしまうのでした。

それでも、良いのだということも重々承知ですし、外野がごちゃごちゃ言うな、というのもそうなのですが、なんかちょっと納得感の無い、展覧会でした。


c0062361_16221864.jpg
c0062361_1622985.jpg
c0062361_16215427.jpg
c0062361_16214377.jpg

[PR]
# by myaquarium | 2013-11-04 17:07 | art

軽井沢

久々の軽井沢。縁を頂きビジネスの合宿に参加。
帰りに少し時間があったのでアウトレットに。最近では意識して行かないとなかなかリゾートを訪れる機会も減ってしまいましたが、こうして見ると軽井沢のアウトレットは稜線を意識した作り込みになっているのですね。

c0062361_21391570.jpg

c0062361_21391037.jpg

[PR]
# by myaquarium | 2013-09-29 21:43 | resort

ON THE CORNER

c0062361_20473677.jpg

渋谷のcocotiの近くにあるカフェ。アメリカンダイナーと言うことなのだろうけれど、本物を直接見たことが無いので、個人的には何故か沖縄のダイナーを思い出した。居心地の良いカフェでした。夜も遅くまでやっているみたいだし、フードも美味しそうでした。
今度のMTGはここでやってみようかなと・・・。アイデアが湧きやすい環境だなと思えました。
FaceBook Page



こういうお店が増えてくるのを見ると、東京のカフェシーンも成熟の域に達しつつあるなと言う気がします。喫茶店という日本独自のジャンル?、その延長のチェーンのドトール、そしてスターバックス、そしてこういったインディペンデント系のカフェ、更に最近は、スペシャリティコーヒースタンド?というのが正しいか分かりませんが、3rd placeのような空間性ではなく、コーヒーそのものに特化したお店も増えて来ているなと。c0062361_20475263.jpg
c0062361_20474465.jpg台湾の誠品書店を見て考えて見ると、次はこういったインディペンデント系カフェやスパシャリティコーヒーのお店と、異業種、本屋とか、美術館とか、花屋さんとか、そういう「組み合わせ」が次に来そうですね・・・。蔦屋にそう言う意味だとスタバ以外の堀口珈琲みたいのが入っていると面白いのかもしれません。
そう言えば、さりげなくエキュート品川にはサザコーヒーも入っていたりと、意外と最近は意外な?場所に侮れないクオリティのお店が入っていたりしますよね。
[PR]
# by myaquarium | 2013-09-29 21:04

ハンバーガー

c0062361_23324061.jpg

何故か、海外へ来るとハンバーガーが食べたくなる。分かりやすい味だからなのでしょうか。。。

色々食べてみて思うのですが、タイでは味付けは、食べる方に任されているので、基本的味はついていないことが多いでようす。薄味というべきか。自分でケチャップ、マスタード、塩、胡椒を振って完成させるイメージ。日本で言うと、トンカツとかと一緒でしょうか。ソースは自分でかける、という感じ。

タイではバンズを基本的にあんまり焼いてくれていないので、焼いてってしっかりオーダーした方が良いかもしれません。言い過ぎるとこげてしまうかもしれませんが。

小難しいことを考えなくても美味しいのがハンバーガーなので、とは言え、やっぱり食べてしまうのですが。
[PR]
# by myaquarium | 2013-07-14 23:54 | think

A380

c0062361_2320713.jpg


初のA380。うん、でかい。乗り心地は良かったです。エコノミーらしく翼の真横だったので、あまりに巨大な翼なためか、まったく何も見えませんでしたが、それ以外はすこぶる快適でした。
垂直尾翼にカメラがついていてそこからの映像が見られるのですが、迫力満点。。。
こんな大きなものがホント良く飛んでいるなと思わざるを得ない巨大さです。。。

と言う訳で、こちらのブログも休眠状態でしたが、ぼちぼち再開しようかなと思っておりますので、皆様どうか、ご贔屓に!
[PR]
# by myaquarium | 2013-07-12 23:29 | think

Gontran Cherrier Tokyo

Gontran Cherrier Tokyo。渋谷の宮益坂と山手通りの交差点にいつの間にか?出来ていたので早速行ってみました。「クロワッサン生地で作った、パンのモンブラン。渋皮の甘露煮も練り込んだ栗のクリームを詰め、 雪のイメージで粉糖をふりました。」というモンブラン。
c0062361_19101157.jpg

c0062361_1991724.jpg

真っ黒なパンは焦がした訳ではなくイカスミのパンです。うちのアンリと同じく気品高い?感じです。味わい深いパンでした。おいしい☆
[PR]
# by myaquarium | 2012-11-11 19:19 | city

はじまりは国芳

c0062361_1614139.jpg

横浜美術館の展覧会。芸術の秋と言うことで。
しかし、なんだか結構感動しました。漫画、日本のキャラクターデザインの基礎がそこにある気がしました。パースの取り入れ方も印象に残るように計算され尽くしている感じがしました。
構図、色彩、インプレッション、全てが近代というよりは現代的でこれが150年以上前の作品ということではあるけれども、確かに「はじまりは国芳」というのは合点が行きます。脈々と、ということを感じました。ちゃんと川瀬巴水も紹介していたし。渡邊木版美術画舗で買うことが出来ると言うのも凄いですよね・・・。しかも意外とリーズナブル。恐るべし浮世絵です。
[PR]
# by myaquarium | 2012-11-11 17:54 | art

東京駅

c0062361_22574314.jpg

c0062361_22573358.jpg


東京駅。最早観光名所ですね。オルセーが現役で駅舎の役割も果たしながら、ホテルもショッピングも美術館だってある、っていう状況だから当然と言えば当然かもしれませんが。凄い人です。

グローバル化の進展が凄まじい中、こういう歴史とつながれる場所は、実は東京では貴重なので、何だか伊勢詣でみたいな精神性がそこにはあるのかもしれません。もし、江戸城が皇居に聳えたっていれば、それはそれで、安心するのかもしれませんが。そう言うものが無いので、東京タワーだったりスカイツリーだったりが、中心と言う安心を与えていたのでしょうが、いかんせん、戦後だったり21世紀の建物だったりする中で、皇居とのシークエンスも感じられる東京駅の駅舎の再現は、コンテクストを感じざるを得ません。
[PR]
# by myaquarium | 2012-10-29 23:04 | city

d design travel Tokyo

c0062361_22351997.jpg

ナガオカケンメイのdesign travel、8冊目。

ついに、というか、もう?東京。

深澤直人の「ふつうにきれいな街、東京」というエッセイを見てふと思ったのだけれど、きれいって、他の国の言葉に正確に置き換えられるのだろうか?もちろん、基本的な言葉であればあるほど、その言葉が持つ意味は多元的なので、正確には難しいのは間違いないし、文脈によって意味が異なるというのもよく分かる。深澤直人の「ふつうにきれいな街、東京」というエッセイのタイトルを見ると、それは、cleanessを言っているように思える。だけど、彼は、エッセイの中で、それ以外にも、美しい、整っている、ということも含まれているのは間違いないし、最後は、「豊かさの基礎」ともなっていると言っている。確かに事実だと思う。

そう、きれい、という言葉が日本の1つの精神性なのかもしれないなと。別にどこか他の国と比べて汚いとかきれいとか、そう言うことでもなくてもっと内省的なアイデンティティとして、きれい、という概念は自分たちの拠って立つところになっている気がする。

そして東京は、より、いろんな奇麗、キレイ、きれい、kireiが重層的になっているのかもしれない。ただその精神性は、逆に汚いものを徹底的に受け入れない;実際に汚いものは世の中に溢れているのに、というネガティブな面もあって、目の前がきれいなら、その裏側はどうなっているのか、という思考にはならないこともあるのかもしれない。

しかし、シンスケを載せるとは・・・。
[PR]
# by myaquarium | 2012-10-28 22:55