デザイン、リゾート、建築、本、映画、音楽、に関すること。myaquariummail@gmail.com


by myaquarium

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
art
city
music
movie
think
book
design
resort
magazine
food
未分類

以前の記事

2016年 09月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

お気に入りブログ

あきよしちひつどう
ライター・原口純子の北京日記
YUZURIHA NEWS
日常と映画の関係
portagioie
Feels like h...
建築設計な日々(遊工舎・...
中国の風 - 天気良好、...
中国語奮闘記
エンゾの写真館 with...
*あみの中国語ブログ*
詩と人生と
九谷焼の北山堂 店長日記
note
t.a.t.d.
待ってろkichiji
Design BLOG
異邦人
HEROM'S冩眞舘
Kippis! from...
ヤマザキマリ・Seque...
酔いどれ広報マン中国をゆく
ことことのなにげない日々...
ゆらゆら日記
おいしい旅。
ツレヅレハナコ blog...
KA4K
うひひなまいにち
lightanddishes
su・te・ki Seoul
内澤旬子 空礫絵日記
ML日誌
五本木日和
あの空のむこう側

最新のコメント

http://www.d..
by uvlaEssexia at 15:33
Yes, the gov..
by gayKl at 00:09
お久しぶりです。 旅行..
by mhikari3 at 19:53
>あっきさん すみませ..
by myaquarium at 08:10
ご無沙汰です。鞄が喜んで..
by おさむっち at 15:47
たけさん生きてるのかな、..
by あっき at 07:21
こちらこそ!宜しくお願い..
by myaquarium at 10:30
ご無沙汰しております。 ..
by おおかわ at 00:11
屋形船のような風流なもの..
by syano at 23:58
バターは確かに。でも美味..
by myaquarium at 22:22
いいですね。 最近私も..
by あっき at 00:21
有り難うございます。そう..
by myaquarium at 07:36
1000件、おめでとうご..
by mhikari3 at 15:07
良いですね。ちょっとどう..
by myaquarium at 17:14
ウイスット・ポンニミット..
by みしな at 23:06
そうなんですね!でも完売..
by myaquarium at 08:49
あら、先週いました。ワタ..
by あっき at 22:34
そうそう女性のお客さんの..
by myaquarium at 21:41
かわいいです~。色がぐん..
by みしな at 00:29
当たり前なのかもしれない..
by myaquarium at 23:27

LINK

最新のトラックバック

宇宙の95%が完成、ピー..
from web magazine G..
ハリケーン損害、大規模停..
from 【新着】アメリカ ハリケーン..
よろしく
from こんにちは
クラムボン 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
「歌舞伎町のミッドナイト..
from 月灯りの舞
ピアノ講師の求人募集転職..
from ピアノ講師の求人募集転職採用..
テロルの決算 沢木耕太郎
from 国内航空券【チケットカフェ】..
湘南の不動産
from 湘南住宅ナビ
WEBマーケティングとS..
from マーケティング.biz
MOSの資格と求人
from 転職求人

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
本・読書

画像一覧

MATTARI

久々にMATTARIという藤沢にあるカフェバーでランチをした。一人でここに来ると、ついつい、誰かと待ち合わせをしているような気持ちになる。高校生の頃には多分来てなかったけど、大学に入ってスタジオには入る前、決まってここで待ち合わせをしてた。お昼を食べながら、コーヒーを食べながら、どうでもいい話で盛り上がっていた。
今日も、少し若いグループが楽しそうにどうでもいい話で盛り上がっていた。相変わらず料理が美味しいわけでもないのだけれども、でもなんかあったかい空気が流れていて好きなお店だし、何より、思い出が詰まったお店だ。

ある晩、ここでバンド仲間と飲んでいたら、あれよあれよと、高校の友達も含めて、外のロングテーブルを埋めてしまったことがあった。ありそうでない経験だったのでなんかとても印象に残ってる。

藤沢にあったものは結構沢山、今は無くなってしまった、丸井、ハンズ、石上のミスタードーナッツ。でもこうやって懐かしい思い出に浸れる場所があるのは有難い。

やっぱり次はみんなで来よう。そして、スタジオ入って、その後は、ちゃんと予約しておいて、久昇へ行こう。

[PR]
# by myaquarium | 2016-03-13 22:26 | city

経営判断

便利な言葉だと思う。「経営判断」。一社員が使うのはなんかおこがましい気もする。社長しか使えない言葉という気もするけど、積極的に使ってもいい気もする。
岡本太郎の沖縄文化論の中で、御嶽という神聖な、崇拝する場所に連れて行ってもらったら、なんとそこは何もない原っぱだった、みたいな話が出てくる。宗教としてそのアイデアは好感が持てるけれども、この中心の空白性という文脈の中で、経営判断というこ言葉になってくると、まるで、戦時中の大本営発表のような怖さも同時に感じる。「神の声」という空想になっていないかと。

だけれども、それでも敢えて、「経営判断」は一社員が使うべきだし、意識したほうが良い言葉だと思う。

自分を相対化し、自分のやっている事業も相対化し、会社も相対化して見えてくる「経営判断」は、いつも少しだけ、より良い方向に近づくためのメタファーだと思う。

何よりも、判断をして、前に進むこと。あくまで変化に対応し続けること、そしてそれは結局のところ、生業、ということなのだと思う。

震災の後の復興住宅の話を聞いていて少し違和感があった。海辺の市街地を津波から守るためにかさ上げするのに5年かかった。待ちきれず、高台に家を建てる人が続出。結果的に市街地が広がり、莫大なリソースをかけて出来上がったかさ上げした土地に立つ家はまばらになる。
プライベートな判断の集合体は、果たして、合成の誤謬という話になっていないだろうかと。行政が悪いという話にしすぎていないかと。
経営判断が意味するところ、つまり、変化に対応し続けるという文脈での「判断」は、選択肢をきちんと選ぶことだ。そして、経営判断は間違うと会社は潰れる。残酷に言えば。コミュニティーや、政府だって、その判断が間違えば、最後は滅びる。誰も人がいない場所になってしまう。

個々人の判断にも、行政の判断にも、企業経営にも、「経営判断」つまり、その判断を間違えれば、死んでしまうかもしれない、という視点での判断の意識は、やはり大切な視点だと思う。

[PR]
# by myaquarium | 2016-03-10 22:58 | think

失敗をさせる

NHKのプロフェッショナルで、エディージョーンズが取りあえげられていて、見ていた時に思ったことがある。NHKサイト
あえて、練習の中で、アメフトのボールを使い、ミスをさせる。そこで、そのミスを体験させることで、シミュレーションにも繋がるし何よりも、本番での平常心維持のために、役に立つ。
何で見たか忘れてしまったけれども、孫さんも、経営ゲームを何度もやって勝負勘を、幹部層に身につけさせるという話をしていた。そうやって失敗を経験させることで学ぶということなのだろう。

個人的には、ビジネスの現場で、その失敗を学ぶひとつが、事業計画の策定なのだと思う。計画なんていくら詰めても意味がないみたいな話もわからなくもないけれども、穿って考えずに、真剣に策定すると見えてくることが沢山ある。そして、そういう意味では、是非、事業計画策定のプロセスの中ではたくさんの失敗をして、学んでいくことがあってもいいかなと思う。

[PR]
# by myaquarium | 2016-02-14 22:44 | think

赤字なんて何の意味もない

当時、「赤字なんて何の意味もない」という台詞の前に、なんて物分かりの悪い
人なんだ、と思った。

でも今は、その意味が全部とは言わないけれども、相当部分は理解出来る。そう、
赤字なんてホントに意味がないのだ。もちろん、V字回復とか、成長のためのとか
いろいろあるのはその通り。

でも、それでも赤字なんてやっぱり意味がないと思う。ましてや、年間、365日
一所懸命頑張っての赤字であれば、尚更意味がない。

もちろん、結果的にそうなってしまうこともあると思う。でも、赤字は確実に会社を
組織を社員をどこかダメにしていく気がする。蝕むという言葉が感覚に近い。

だから、やっぱり黒字を、自分の存在意義としても、付加価値としての結語としての
黒字を、みんなが必要としていると思う。

[PR]
# by myaquarium | 2016-02-12 22:12 | think

日銀のマイナス金利政策

端的言えば、より一層、「売り時」のニュアンスが強まり、決して「買い時」を生むわけではない
というのが、今回の日銀のマイナス金利政策の意味するところではないか?
恐らく今回の政策で最も貢献を受けると思われているのは、不動産業界ということになるのだろう。無理やりお金を貸すにしても、ある程度は回収可能性が高いと思われる不動産の方が、事業よりも安全という都市神話が未だに無防備に支持されると思うからだ。ただ、現在のキャップレートの感覚値は恐らく既に十分に低い(ので、評価額は高い)。昨今の賃料値上がりムードに合わせて、もはや、評価算定の際には、キャップレートもNOIも現場の担当者としては、首を傾げたくなるレベルではないだろうか。その状態の中での、今回の措置だ。本質的な需要の問題を解決しない中で、更なる不動産価格の高騰を煽るのは、バブルを大きくするだけだと思う。

シンガポールのような戦略性もなく、日出ずる国という名の辺境の都市が、魅力的になるために必要なことは当然、賃料を高くとることでもないし、値段が高いビルを用意することでもないはずだ。

もし、今回の政策が評価されるとすれば、それは「時間稼ぎ」でしかないはずで、必要なことはいつでも本質的なことだと思う。金融政策は本質ではない。

都市のひとつひとつが、あるいは地方のひとつひとつが、魅力的である、切磋琢磨をきちんとビジョナリーに戦略性を持って取り組むのか?それにかかっている。それができなければ、驚くほど強力なしっぺ返しを受けることになると思う。

[PR]
# by myaquarium | 2016-01-29 22:18 | think

台湾総統選

そう言えば、あれだけ中国と戦った国民党と、共産党と、一つの中国を語り合うという。台湾からすれば外省人ということで、突き詰めれば確かに、「中国人」という面はあるのでしょうが、アイデンティティというのは本当に難しい。
国民国家という幻想が、民族というアイデンティティと結びつく時、果たしてその境界は、結局何になるのか?
歴史だけでは定義できそうにないし、言葉だけでも難しい。
このニュースを読むと、それは、民主主義、ということのようだ。

その意味では、仮に中国が、完全な民主主義国家になれば、台湾は台湾ではなくなってしまうのだろうか?
多分、そういうことでもないのだろう。だけど、台湾が、台湾であろうとすればするほど、その答えは恐らく曖昧で、結局理念のようなものになってしまう気がする。とても不思議な感覚だ。

[PR]
# by myaquarium | 2016-01-17 21:47 | think

ドライブ

藤代 冥砂の小説。官能小説?というレッテルもあるし、まー内容もそう言えなくもないけど、思った以上に良く書けてるな〜となんか感心した。単行本のサイズで4ページほどを一話として、きちんと纏められていて素晴らしい。

西湖バイパス?って西湘バイパス?とかちょっと思うこともあるけど、空間の広がりは、短くとも映画になりそうなそんな気がしました。

何か強烈に伝えたいことがあるとかでもないし、正直かなり、ファイナンスの香りのする作品ばかりだけど、でもそれでもそれが悪臭にならないのは、舞台になっている東京という現実が、既に腐臭に満ちているから、というよりは、筆者の実力なきがする。つまり、フィクションという現実を、しっかりと切り取っている。

[PR]
# by myaquarium | 2016-01-16 21:47 | book

2016年度の施設

http://www.timeout.jp/tokyo/ja/things-to-do/new-opening

トライセブンの隣の神社が気になる。こういうところが突き詰めると東京っぽいのかな。。。


[PR]
# by myaquarium | 2016-01-15 22:01 | city

国境の南、太陽の西

ダメだ。。。何か深いものがあるかもしれないと諦めずに最後まで読んだけど。
読み終わった時に、「くだらなねー」とお風呂で叫んでしまった。

ハジメくんは、シンジくんかと。37歳として語らせるかと・・・。いっそ青春小説だったら腑に落ちるかもしれないけど、まだ読み終わっていないけどちょうど併読してるリョサと比べるとなんか、レベルがまったく違う。或いは、結局のところ、日本の小説はガラパゴスそのものなのかと。サンリオピューロランドの良い意味でも悪い意味でも、特異なものと感じざるを得ない感覚というか。

多分、「悪」の不在が、本質的なことが欠けていると感じる原因なのかなと思う。言い訳の出来ない絶対的な「悪」は、作り話であればこそ、輝きを放ち、普遍的な「善」を感じることに繋がるし、その二面性が、紆余曲折はあれど結局、人の性そのものだと思う。原罪というほど宗教的な話でもないけれども、そういう意味で、人の美しさは、答えのない悩む姿そのものに照射されるべきだし、悟りを開くのだとしても、その悟りの背景には、言い訳の効かない逃げ道のない容赦ない「悪」があるように思う。ハジメくんには逃げ道が多すぎる。

それともこれは天国で読むとくだらなくないのか。もう少し自分自身に修行が必要なのかもしれないと思わせる一冊でした。



[PR]
# by myaquarium | 2016-01-14 23:02 | book

朝食

c0062361_22413791.jpg
台湾の朝食だと、この豆漿がとても好き。有名店の阜杭豆漿だけではなくて、ふとした街中のお店でもとても美味しい。日本ではなかなか食べられないのが残念。



[PR]
# by myaquarium | 2016-01-13 22:48 | food