デザイン、リゾート、建築、本、映画、音楽、に関すること。myaquariummail@gmail.com


by myaquarium

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
art
city
music
movie
think
book
design
resort
magazine
food
未分類

以前の記事

2016年 09月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

お気に入りブログ

あきよしちひつどう
ライター・原口純子の北京日記
YUZURIHA NEWS
日常と映画の関係
portagioie
Feels like h...
建築設計な日々(遊工舎・...
中国の風 - 天気良好、...
中国語奮闘記
エンゾの写真館 with...
*あみの中国語ブログ*
詩と人生と
九谷焼の北山堂 店長日記
note
t.a.t.d.
待ってろkichiji
Design BLOG
異邦人
HEROM'S冩眞舘
Kippis! from...
ヤマザキマリ・Seque...
酔いどれ広報マン中国をゆく
ことことのなにげない日々...
ゆらゆら日記
おいしい旅。
ツレヅレハナコ blog...
KA4K
うひひなまいにち
lightanddishes
su・te・ki Seoul
内澤旬子 空礫絵日記
ML日誌
五本木日和
あの空のむこう側

最新のコメント

http://www.d..
by uvlaEssexia at 15:33
Yes, the gov..
by gayKl at 00:09
お久しぶりです。 旅行..
by mhikari3 at 19:53
>あっきさん すみませ..
by myaquarium at 08:10
ご無沙汰です。鞄が喜んで..
by おさむっち at 15:47
たけさん生きてるのかな、..
by あっき at 07:21
こちらこそ!宜しくお願い..
by myaquarium at 10:30
ご無沙汰しております。 ..
by おおかわ at 00:11
屋形船のような風流なもの..
by syano at 23:58
バターは確かに。でも美味..
by myaquarium at 22:22
いいですね。 最近私も..
by あっき at 00:21
有り難うございます。そう..
by myaquarium at 07:36
1000件、おめでとうご..
by mhikari3 at 15:07
良いですね。ちょっとどう..
by myaquarium at 17:14
ウイスット・ポンニミット..
by みしな at 23:06
そうなんですね!でも完売..
by myaquarium at 08:49
あら、先週いました。ワタ..
by あっき at 22:34
そうそう女性のお客さんの..
by myaquarium at 21:41
かわいいです~。色がぐん..
by みしな at 00:29
当たり前なのかもしれない..
by myaquarium at 23:27

LINK

最新のトラックバック

宇宙の95%が完成、ピー..
from web magazine G..
ハリケーン損害、大規模停..
from 【新着】アメリカ ハリケーン..
よろしく
from こんにちは
クラムボン 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
「歌舞伎町のミッドナイト..
from 月灯りの舞
ピアノ講師の求人募集転職..
from ピアノ講師の求人募集転職採用..
テロルの決算 沢木耕太郎
from 国内航空券【チケットカフェ】..
湘南の不動産
from 湘南住宅ナビ
WEBマーケティングとS..
from マーケティング.biz
MOSの資格と求人
from 転職求人

ライフログ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
本・読書

画像一覧

<   2016年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

始めることと止めること

冨山さんの『これがガバナンス経営だ!』を読んだ。

とてもいい本だ。何より刺激的だ。馴れ合い経営をやめて、経営判断をする、つまり、儲かっていないものをやめる決断ができる経営を行うために、取締役会に社外取締役を入れて、しっかりチェック機能が働くようにすることが必要なことを、具体的な理由から積み上げていく。
何よりこの本が好著だと思うのは、日本企業の問題点は、売上高利益率が低いことを明確に指摘している点だ。ROEという指標を見る中で、財務レバレッジや総資本回転率は欧米企業と変わらないのに、結局、儲けられていないことが低ROEに結びついている点を明確にしている。儲かることに注力せずに、過去の栄光に縛られ、既に過去の事業になっていることをいつまでもやっているということだ。そしてその背景にあるのが、機能していない取締役会であることを紐解いていく。

経営は始めることではなくて、止めることなのかもしれない。もちろん新規投資は大切だ。総張りという状況自体は否定しない。リスクの絶対量が管理されている限り、より多くの新規投資対象があることは悪いことではない。問題は、その後だ。あるいは、既存の儲かっていない事業をどうするか?ということが重要なのだろう。

本書で触れられていた伊藤レポートについても大変勉強になる。レポートが提唱するROE8%を目標とする経営手法は、レポートにある通り、その前提として長期的視点に立った株式投資を行う株主が欠かせないし、その意味でROE8%というのはあくまで投資家からの意見でしかない面もある。ただ、重要なのは、経営側が、その指標をベンチマークに事業の統廃合というダイナミックな経営判断を行えるかどうかだと思う。その意味で、恐らく今の株式会社日本が取り組むことは、過去の栄光事業を捨てて、本質的にチャレンジをすることだと感じる。諦めるのとは違うけれども、やはり昨今、不正会計が行われてしまった企業は、結果として、不採算事業を切り離すことをいわば強制的に行うことになったと思う。それは、実は他の多くの企業にとっては、強制力なく自分自身で取り組む必要があるし、場合によって痛みも伴うのだろう。ただ、それでも次に進む勇気が求められていると思う。

ところで、本書では青木昌彦が何度か取り上げられていてそれはそれでとても勉強になった。宇沢もそうだが、制度比較の視点は本当に素晴らしい視座だと改めて感じた。今後、アジアの新興国などでもこういった研究蓄積が行われていくと、より大切なものが見えてくるようにも思った。

[PR]
by myaquarium | 2016-07-03 21:59 | book

イギリスの離脱について

歴史的な背景で見ると、イギリスの離脱は必然だったのではないかと思う。むしろ、EUへの統合プロセスに入っていたことが長い歴史の中では異例なのではないだろうか?
イギリスはシュンゲン協定に加盟していないし、商品、人、サービス、資本の移動の自由というEUの精神に対して、通貨統合も行っていないわけだし、そもそも問われるべきは、今後さらに加速的にEUヘの統合プロセスに参加していくのか?あるいは、やっぱり止めるのか?という話になったので、やっぱり止めます、ということになったのが、少し俯瞰した世界史に残る記述ではないかと思う。
もっと言えば、単純に、商品、人、サービス、資本の移動の自由という意味だけで、あくまで経済マーケットとしての統合ということを目的にしているのであれば、それは、通貨ブロックという視点からもあり得た未来だったと思う。ただ、今回のように「移民政策」といったような「政策」について統一的なアプローチを取ろうとすれば、やはり無理が生じる。結局のところ、EUは、冷戦後、ロシアや中東から孤立する形で、まさに神聖ローマ帝国的発想で閉じこもった結果、ヨーロッパ以外の国から見れば、「大した」困難に過去直面しないまま運良くやってこれた30年だった、というだけではなかったかと思う。
今回明らかになったことは、EUという価値観は、当然絶対的な歴史的帰結ではないということだ。国民国家ですら融解しそうになっているからこそ立ち上がるナショナリズムの中で、戦争でないという状態の平和であることを善だとするならば、問題は、EUがどうか?ではなく、過去の植民地問題含めてヨーロッパが自制的に世界に対して開いていくことが求められる気がする。
そしてそれは、まさに移民の受け入れ問題、ではなく、移民問題が発生している中東・アフリカ諸国に対して、過去の植民地政策を直視し、各国の産業を支援し、資源の使い捨ての発想をなくすことだと思う。
あるいは、結局のところイスラムに対して、ヨーロッパがあくまで1500年もの長きにわたる覇権争いとしてしか定義できないなら、やはりヨーロッパは域内自由という「都市国家」であって、むしろ高い防壁を築いて鎖国をしているとみられても仕方ない気がする。

[PR]
by myaquarium | 2016-07-02 12:27 | think