デザイン、リゾート、建築、本、映画、音楽、に関すること。myaquariummail@gmail.com


by myaquarium

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
art
city
music
movie
think
book
design
resort
magazine
food
未分類

以前の記事

2017年 09月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

お気に入りブログ

あきよしちひつどう
ライター・原口純子の北京日記
YUZURIHA NEWS
日常と映画の関係
portagioie
Feels like h...
建築設計な日々(遊工舎・...
中国の風 - 天気良好、...
中国語奮闘記
エンゾの写真館 with...
*あみの中国語ブログ*
詩と人生と
九谷焼の北山堂 店長日記
note
t.a.t.d.
待ってろkichiji
Design BLOG
異邦人
HEROM'S冩眞舘
Kippis! from...
ヤマザキマリ・Seque...
酔いどれ広報マン中国をゆく
ことことのなにげない日々...
ゆらゆら日記
おいしい旅。
ツレヅレハナコ blog...
KA4K
うひひなまいにち
lightanddishes
su・te・ki Seoul
内澤旬子 空礫絵日記
ML日誌
五本木日和
あの空のむこう側

最新のコメント

http://www.d..
by uvlaEssexia at 15:33
Yes, the gov..
by gayKl at 00:09
お久しぶりです。 旅行..
by mhikari3 at 19:53
>あっきさん すみませ..
by myaquarium at 08:10
ご無沙汰です。鞄が喜んで..
by おさむっち at 15:47
たけさん生きてるのかな、..
by あっき at 07:21
こちらこそ!宜しくお願い..
by myaquarium at 10:30
ご無沙汰しております。 ..
by おおかわ at 00:11
屋形船のような風流なもの..
by syano at 23:58
バターは確かに。でも美味..
by myaquarium at 22:22
いいですね。 最近私も..
by あっき at 00:21
有り難うございます。そう..
by myaquarium at 07:36
1000件、おめでとうご..
by mhikari3 at 15:07
良いですね。ちょっとどう..
by myaquarium at 17:14
ウイスット・ポンニミット..
by みしな at 23:06
そうなんですね!でも完売..
by myaquarium at 08:49
あら、先週いました。ワタ..
by あっき at 22:34
そうそう女性のお客さんの..
by myaquarium at 21:41
かわいいです~。色がぐん..
by みしな at 00:29
当たり前なのかもしれない..
by myaquarium at 23:27

LINK

最新のトラックバック

宇宙の95%が完成、ピー..
from web magazine G..
ハリケーン損害、大規模停..
from 【新着】アメリカ ハリケーン..
よろしく
from こんにちは
クラムボン 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
「歌舞伎町のミッドナイト..
from 月灯りの舞
ピアノ講師の求人募集転職..
from ピアノ講師の求人募集転職採用..
テロルの決算 沢木耕太郎
from 国内航空券【チケットカフェ】..
湘南の不動産
from 湘南住宅ナビ
WEBマーケティングとS..
from マーケティング.biz
MOSの資格と求人
from 転職求人

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
本・読書

画像一覧

<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

私という運命について

c0062361_203352.gif

「運命というのは、たとえ瞬時に察知したとしても受け入れられるだけでは足りず、めぐり合ったそれを我が手に掴み取り、必死の思いで守り通してこそ初めて自らのものとなる」(p.374)
これがテーマなんだと思う。本書の。

約500ページ位でしたが、あっという間の2時間で読んでしまいました。29歳の女性、舞台のスタートは1993年。その後の10年間主人公の軌跡。少し展開がくどい感じが否めませんが、死或は、誕生という生を目の前にさせた時に、初めて人は重大な決断に対して、運命を感じるのかもしれません。病だったり、事故だったり、死の香りとどうしても隣り合わせな主人公。
仕事での転勤も多く、女性として、キャリアを築くことにも悪戦苦闘しながら、家族の問題も抱え、孤軍奮闘。料理も仕事も出来る、と。

なんかしっくりこない。こんな人、いないのでは?という突っ込みでもなくて、描写が絵画過ぎるというか、生活感がない。映画過ぎるというべきか。多分カップラーメン?食べることだってあるだろうし笑、つまんない階段で転ぶこともあるかもしれないし。人の描かれ方が、月9ドラマのシーンのようで、結果として登場人物に奥行きがないことにどこか違和感があるのかな。ラピュタより紅の豚の方が結局好きかな、みたいな。

テーマとしては、なかなか面白いと思う。文章もうまいし。表現の問題、ということではなくて、もの凄く頭で考えた人間が、登場人物になってしまっているところが、どうもしっくりこない。

吉田修一の『パークライフ』に比べたら色々なことが起きすぎているし、それほど大げさなでき事の手前でも、人はもっと色々なことを感じて悩むのではないかと。でも、確かに運命とは必ずしも日常の積み重ねではなく、むしろ非日常に潜むのかもしれない。その理解の仕方、感じ方こそが、運命なのかな。

でも、私はありふれた平凡な歩き方にこそ、何か大切な運命が隠されているように思うかな。運命は掴んでみないと分からない、そうだから、まず拾うこと、興味を持つこと、それに尽きるのかな。

色々感じる小説でした。ご紹介頂き有り難うございました。
[PR]
by myaquarium | 2010-09-26 21:30 | book

西口やきとん

c0062361_17394185.jpg
c0062361_17392915.jpg
c0062361_1739193.jpg


西口やきとんへ行ってきました。場所は浅草橋駅からちょっと入って行った感じのところ。串は1本100円。塩煮込みとなんこつの醤油漬けは200円。"ボール"というとちょっと通っぽい、レモンハイボールは280円。1人2,000円も頼んで飲んだら、お腹は一杯だし、フラフラです。〆はホイス。ここで初めて飲みましたが、不思議な感じ。
白獅子ということで、オデコの部分で正直言って油、なのですが、酢と味噌を付けるととってもさっぱりして、甘みだけが口の中に残ります。レバーも美味しいし、いやはや、最初は気になった隣の席との距離のなさも、段々お友達?的乗りになるような、そんなお店でした。
写真は上から、白獅子(カシラ)、レバー、もつ煮、なんこつ醤油漬けです。これで、合計800円。1人400円。恐るべし。
しかし、浅草橋って奥が深いのですね。こんなに居酒屋さんが活気があるとは知りませんでした。この本家に行く前に、秋葉原のやきとん元気にも連れて行ってもらっていまして、すっかりやきとんの奥深さにうたれております。
Hello, Central East Tokyo!ですね、ホント。
[PR]
by myaquarium | 2010-09-24 17:26 | city

9月になって

全く夏の暑さがそのまま続いていて、ある種季節感がない9月のはじめ。だからか、余計に秋らしいものを探そうとしてしまう。確かに、空はなんか秋らしくなってきたような気がします。
c0062361_2321215.jpg

そういうものなのかもしれませんね。気がつかなかったり、やっぱり色眼鏡で見てしまうから、求めていた淡い色は見えなかったり。

答えは外にはなくて、自分の中にあるということというか。

そういえば、大学の時に、指導教官に、なかなか自分が探している答えが書いてある本がないのだけれども・・・。って相談したら、「なくて良かったね、あったら、することがなくなっちゃうのでは?」って言われて、はっとしたことを思い出した。

バンドやっているのも、そういうところが大きいのかな。iTunesを幾ら探しまわっても、結局「近い」曲はあっても、これだって、言うのはなくて、なけなしの才能を信じてピアノの前に座ってしまったり。今日は結局5時間くらい、高校から続けているバンドの再結集(予定)のために鍵盤とにらめっこ。

仕事も、同じような所がやっぱりあって。昔、先輩に、緊張するっていうのはどこか自分に自信がない理由があるからだ、準備不足が最たる例。やれる限りのことをやっていたら緊張なんてしない。とかなり精神論なところもあるのですが、緊張する大きな理由の1つは、失敗を恐れている訳だから、やれることをやりきったと思えれば、失敗を恐れることはない訳で。確かに一理ある。
その意味では、結局答えは自分の中にあるのだろうな。

デザインとアートの違い。それは、クライアントが外にいるのか自分なのか?っていうことかと思っていたけれど、そう考えると、デザインであっても、結局、アート同様にクライアントファーストであっても、答えはどこにあるか?と言えば、デザイナーにあるのですね。

さて、30歳目前ですが、色々頑張って行こうと思う今日この頃です。
[PR]
by myaquarium | 2010-09-04 22:49 | think