デザイン、リゾート、建築、本、映画、音楽、に関すること。myaquariummail@gmail.com


by myaquarium

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
art
city
music
movie
think
book
design
resort
magazine
food
未分類

以前の記事

2017年 09月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

お気に入りブログ

あきよしちひつどう
ライター・原口純子の北京日記
YUZURIHA NEWS
日常と映画の関係
portagioie
Feels like h...
建築設計な日々(遊工舎・...
中国の風 - 天気良好、...
中国語奮闘記
エンゾの写真館 with...
*あみの中国語ブログ*
詩と人生と
九谷焼の北山堂 店長日記
note
t.a.t.d.
待ってろkichiji
Design BLOG
異邦人
HEROM'S冩眞舘
Kippis! from...
ヤマザキマリ・Seque...
酔いどれ広報マン中国をゆく
ことことのなにげない日々...
ゆらゆら日記
おいしい旅。
ツレヅレハナコ blog...
KA4K
うひひなまいにち
lightanddishes
su・te・ki Seoul
内澤旬子 空礫絵日記
ML日誌
五本木日和
あの空のむこう側

最新のコメント

http://www.d..
by uvlaEssexia at 15:33
Yes, the gov..
by gayKl at 00:09
お久しぶりです。 旅行..
by mhikari3 at 19:53
>あっきさん すみませ..
by myaquarium at 08:10
ご無沙汰です。鞄が喜んで..
by おさむっち at 15:47
たけさん生きてるのかな、..
by あっき at 07:21
こちらこそ!宜しくお願い..
by myaquarium at 10:30
ご無沙汰しております。 ..
by おおかわ at 00:11
屋形船のような風流なもの..
by syano at 23:58
バターは確かに。でも美味..
by myaquarium at 22:22
いいですね。 最近私も..
by あっき at 00:21
有り難うございます。そう..
by myaquarium at 07:36
1000件、おめでとうご..
by mhikari3 at 15:07
良いですね。ちょっとどう..
by myaquarium at 17:14
ウイスット・ポンニミット..
by みしな at 23:06
そうなんですね!でも完売..
by myaquarium at 08:49
あら、先週いました。ワタ..
by あっき at 22:34
そうそう女性のお客さんの..
by myaquarium at 21:41
かわいいです~。色がぐん..
by みしな at 00:29
当たり前なのかもしれない..
by myaquarium at 23:27

LINK

最新のトラックバック

宇宙の95%が完成、ピー..
from web magazine G..
ハリケーン損害、大規模停..
from 【新着】アメリカ ハリケーン..
よろしく
from こんにちは
クラムボン 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
「歌舞伎町のミッドナイト..
from 月灯りの舞
ピアノ講師の求人募集転職..
from ピアノ講師の求人募集転職採用..
テロルの決算 沢木耕太郎
from 国内航空券【チケットカフェ】..
湘南の不動産
from 湘南住宅ナビ
WEBマーケティングとS..
from マーケティング.biz
MOSの資格と求人
from 転職求人

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
本・読書

画像一覧

<   2010年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

大学生のころ(社会科学を学んでいて今は市役所に勤めている)先輩に聞きたかったこと。

唐突ですが、お題を頂いたので。

異論反論あるのでしょうが、『これからの「正義」の話をしよう』は、しびれる内容ですよね。大学が大学らしい存在価値がある、っていうことを証明しているような一冊というか、講義だと思いました。もっとも、話の内容はもちろんですが、そのプレゼンテーションのスキルも凄いと思う。
もの凄く卑近な例があったり、笑いがあったり、突然カントだったり。だけど、結局それらの言葉がなぜ心に響くのか、というと、マイケルサンデルの肉声だからだと感じる。

大学の時に聞きたかったこと、それは、結局の所、一連の人のストーリーだったのかもしれない。1人の経済学者が、なぜその道を選び、何を研究し、人生をどう考え、何をなそうとしているのか。大げさかもしれないけれど、結局、心に残った授業は、そういうストーリーがあった物だと思う。

もちろん、教授することが日常の仕事ではない訳だけれども、市役所の大変さ或は、面白さ、というところだけじゃなくて、ちょっと時間があるなら、なんでこの大学のこの学部を選び、どんな出会いがあって、そして今どんな仕事をしていて、そこで何に悩んでいるのか?翻って、それは学生の頃に考えていた現実とは違っていても、どこか考えている対象は一緒、みたいなことがあると良いのかな・・・。

残念ながら?ヒーローになれる人はホントに一握りの人だって事に誰もが気づいてしまっていて、一見ありきたりな人生の中に、でも自分のストーリーを紡いで行くことに、1つのリアリティがある時代。それが今の日本の空気なのかしら。

そうだとしたら、そのリアリティをリアルな空間という意味では海外へ出てくとかが出来る訳だしバーチャルだったらまさに授業であったりが精神性を拡げて行くわけだしだし、正にその拡げて行くdevelopさせていく、その中心の1つが大学の役割だと思うし、一方で、年齢的にも多感な瞬間を昇華させるような1つのターニングポイントが「二十歳の頃」なんだろうね。

だから、そこんとこ、というか。空間的にも精神的も拡げて行ける大学という場所であり時間を、精一杯活かせ、っていう話が聞きたかったかな。魂に火を灯すというか。そんな視点で、演者のストーリーが聞けたら、正に総合科目として意味があるように思います。どうせ受験勉強してきてるんだから、面白い!と思えてモチベーションがあがればなんだって出来る自信はみんなあるんだろうし。むしろ問題はそのモチベーションだよね。きっと。もし良ければ私も呼んでください笑。
[PR]
by myaquarium | 2010-06-29 22:03 | think

秋田名物と乳頭温泉

c0062361_2120833.jpg
c0062361_21202241.jpg
c0062361_21203159.jpg

秋田長屋酒場で夕飯を食べました。一見、観光客向けのお店かな〜という佇まいなのですが、意外にこれが、正解でした。もちろん、そういう側面は否めないのでしょうが、ちゃんと火鉢で焼き物は出してくれるし、日本酒も安くていっぱいあるし、プレゼンテーションがきちんと出来ていて、素敵です。しかもお店は、肘掛け付きの和室で、お膳を前に飲むという、殿様スタイル笑。すっかりうちのバンドの殿もご満足、な感じでした。結構飲んで、食べたのですが、一人3,500円くらい。楽しめました。アミューズメント性も高くて、秋田へいらした際は是非。
秋田ビューホテルと一体になった西武の地下で、佐藤養助の稲庭うどんも頂きました。ホントこしがって、つるっとあっという間に食べてしまいました。
c0062361_21204385.jpg

そして、翌日は乳頭温泉へ。道中、「ババヘラアイス」を頂きました。カラフルなパラソルの下、売られているこのババヘラアイス。秋田名物らしいのですが、私は初めて知りました。味はかき氷?といった感じでしょうか。素朴な味です。どこに居るのかははっきりしないのですが、幹線道路の途中で何人か見かけました。
c0062361_21205454.jpg

そして、福島県二岐温泉の大丸あすなろ荘以来となる、秘湯乳頭温泉の「鶴の湯」へ。確かに秘湯です。ホント。温泉も硫黄の匂い漂う乳白色の正に温泉といっった感じの趣き。久々に入った温泉で、ぬるめなこともあってゆっくりとリラックス出来ました。IRISの撮影もあったようですね。

1泊2日でライブを観に行ったことが目的とはいえ、すっかり癒された秋田でした。しかし、ちょっと遠いですね。。。次に行く機会があれば飛行機だな・・・。
[PR]
by myaquarium | 2010-06-27 21:21 | resort

クラムボンと秋田

c0062361_21552683.jpg


行ってきました。秋田!そして、聞いてきましたクラムボン。200人かそのくらいしかそもそも入らない小さなライブハウスだったので、原田郁子とどれくらいだろう?3Mも離れていないような場所で堪能してしまいました。ホント、二度と同じ演奏は出来ないのだろうな。それくらい、アドリブというか、正にライブでした。あんなに演奏している側が楽しそうなのって、もう完全Jazzですよね。ドラムのだいちゃんも、ドリンクしながら、あのリズムだし、ミトは、もう完全にハマりきっているし。こちらも圧倒されながらも、とっても楽しめました。Liveってこうあるべきだな〜とホント感動。
途中で、「ナイトクルージング」のイントロが流れると、客席から「来た〜」という心から出た声が聞こえると、すかさずいくちゃんも、「来た〜」と答えるような、そんな温かいライブでした。

結局クラムボンのメンバーは、まずその人柄が素晴らしいのですね。それが何よりも曲を通して伝わってきました。仲良しだし、笑顔だし、幸せな空気が溢れていました。

だからなのか、後ろの人が見えないから座ろうか?と言われると、みんなちゃんと座るし。この一体感。

そして、タブラ奏者のu-zhaanとの奇跡のre-雨。鳥肌を通り越して、なんだか涙が出るくらい心打たれました。いや〜Liveってホント素敵です。そしてクラムボン最高。

セットリスト
[PR]
by myaquarium | 2010-06-23 22:05 | music

三陽御用亭とAGUA de BEBERそして御礼

c0062361_23393228.jpg

三陽御用亭で締めのラーメン、を食べながら、野毛談義に花を咲かせていても、まだ時間がある!ということで、

c0062361_23394064.jpg
c0062361_23394941.jpg
AGUA de BEBER
へも。カレーをパンにつけながら頂きました。スパイスが美味しいです。重たくないので、7軒目でしたが、ぺろっと食べてしまうって、7軒も!行っていたのですね。4時集合で、桜木町の電車は終電一本前。う〜んと・・・。

もうホント海外旅行でした。案内して頂きまして有り難うございました。まず知っている方と一緒でないと行けないお店ばかり、という意味でも海外旅行でしたし、街もDEEP過ぎて、横浜ではなく、中国かタイにでも居るようだったという意味でも海外旅行でしたし、食べているものも最初こそ居酒屋でしたが、徐々に無国籍度合いはあがって行き、少なくとも、ワインではなかった分、これもまたアジアを感じました。

いや、大阪の鶴橋に行った時も相当に衝撃を受けましたが、野毛はそれを上回った感じです。はまりそう。

帰りに東京駅から歩いて帰ってくると、アメリカ人の方に、傘を入れて頂きました。アメリカではみんな入れてくれるよ?と言われて、そうなんだろうか?と思いはしましたが、なんだか東京と横浜の違いを感じながら、さらにはアメリカと比べても東京は何だか冷たいような気もしたりして。ま〜場所にもよるのでしょうが。

やっぱり、機能で街を分けてしまうのは、少なくとも街を魅力ある物にはしないのでしょうね。一生懸命再開発して、でもそこにあった生活をなくしてコンビニを入れたりするって言うのは何とも皮肉な話です。その境目に昭和のノスタルジーが存在するのでしょうね。キーワードはきっと「生活」だな、と妙に自分の中では納得出来るものに出会えました。ただ、これって取り戻せないだろうなきっと。世の中って、覆水盆に帰らずな感じってありますよね。不可逆的というか。そう考えると、やむを得ないけどブレイクスルーというか、ハイブリッドというか、作り出さなきゃ行けないのでしょうね。過去、確かにそこにあったものは、もう失われてしまって、ないわけで、戻そうにも戻せないから、新しく作るしかなくて。う〜ん、これはホント大きな都市の課題です。きっと。しかも、都市のアメニティであり魅力そのものにきっとなっていってしまう問題。
グローバルに考え、ローカルに行動しようとか、グローカライゼーションとか色々言うけど、もっとやっぱり内省的なのかもしれません。所詮、いつだってローカルに考えてローカルで行動する。ただ、ローカルの視座のその先に他のローカルも見えているのか?というか。いや〜やっぱり冷凍チャーハンとおんなじ気がする。生活の外部化。もちろんそれはそれで、良いと言えば良いのですが。だけど、私たちが豊かになるという意味は、ホントは次世代に豊かなストック;アメニティも含めて、残して行くというサイクルの中で、より豊かになって行く、ということを考えた方が早道なのかもしれませんね。
[PR]
by myaquarium | 2010-06-05 23:40 | city

クライスラー

c0062361_23173473.jpg
c0062361_23174274.jpg


クライスラーは1960年創業の老舗バー。それは、扉もそうですし、お店の中に入ると全身で感じます、歴史を。こういうお店ってホント凄い。初めてオーシャンウィスキーというものを飲みました。どうやら、メルシャンが軽井沢で作っているようですね。名前も初めて知ったので、懐かしさも何もないのですが、いやはや、奥行きがありすぎて、向こうが全然見えてこない感じです。
ピザが名物とのことで頂きましたが、チーズがたっぷりで、美味しかった。そう、どうしてこう1つ1つがきちんと美味しいのだろう?と妙に考え込んでしまいますね(そういうところへ連れて行って頂いているというのはもちろん!だと思うのですけれども)。
[PR]
by myaquarium | 2010-06-05 23:27 | city

日の出理容院

c0062361_2324544.jpg
c0062361_2325434.jpg


日の出理容院というBarです。いや、ホントです。このライトが点灯していると、営業しているようです。嘘だと思いましたがホントです。ハイボールが美味しかったです。しかし、ここまで来ると、テーマパーク以上ですね。これは、もう知らないと入れない。なんか探偵ごっこのようです。

c0062361_2353818.jpg


この建物の窓枠。なんなんでしょうね、この濃厚な、空気を背負っているこの窓枠。私、思うんですけど、世界遺産ですよ、ホント。野毛は。奇跡ですね、この空間、この集積具合、この濃密さ。どうもバブルも経験していないし、そのせいでなのか、自分の中で昭和と平成が繋がっていないので、結構興味がある訳です。「誰か昭和を知らないか?」という問いかけは、正に私も思う訳で。開高健だったり三島を読んでみたり(脈絡ないけど)、というのもそういう事な訳ですが、なんか、少しずつ溶解して行く感じです。昭和には当たり前のコミュニティがあったのだろうなと、当たり前なのでしょうが、感じます。この街は、なんだろう、完結している気がするのです。そう街が多機能な上に、生活があるから。それなんだろうな、生活。大切なことですね。
[PR]
by myaquarium | 2010-06-05 23:10 | city

都橋商店街

c0062361_22443513.jpg
c0062361_22444657.jpg
c0062361_2245238.jpg
c0062361_22451219.jpg
c0062361_22452264.jpg
c0062361_22453044.jpg


都橋商店街。ランドマークとの対比が、嘘のよう。昭和という時代の印象はあまりないのだけれども、これは間違いなく昭和というか、戦後を色濃く残すたたずまいなんでしょう。早めに文化遺産にした方がいいかもしれませんね。大岡川に張り出すように作られているこの建物。恐らくすべてが飲食店なのですが、ホント圧巻です。
そして、その中の由緒あるホッピー仙人にお邪魔をしました。衝撃です。ホッピーの概念を覆すクリーミーさ。ギネス並みです、いや以上かもしれない。少なくとも、普通の生ビールとは全く違う泡です。
ホッピーがサーバーで出てくる、って凄いことですね。感動しました。野毛〜長者橋エリアの奥深さにも目が回りますが、そこにあるお店の個性と美味しさ(しかも安さ)にもクラクラします。いや、MM21で楽しく遊んでいる場合ではないですね、ホント。何だか反省してしまいました。
東京にもあるのかもしれませんが、横浜が横浜として、きちんと一都市であることを再認識しました。別に観光名所でもなく、地元の人のためにある、地元の人がやっている食べ物屋さん。チェーンにしようとしているわけでもないし。この感覚はヨーロッパです。実際野毛エリアには、全然チェーンの居酒屋さんがないです。MMとは全く違いますね。
[PR]
by myaquarium | 2010-06-05 22:45 | city

フライ屋

c0062361_22243196.jpg
c0062361_22243913.jpg


野毛の関所と呼ばれているようですが、フライ屋。福田フライで通っているようです。
串揚げ屋さんなのですが、立ち飲みです。そして、一押しのカボチャより始めて、アスパラとかオーソドックスなものから、アサリとかの海鮮系、そしてレバーとかのこてこてまでより取りみどりな感じです。大瓶のビールもあっという間に飲んでしまう。金目の刺身なんかもあって、ホント、酒の肴ですね。
何だか、突然野毛コミュニティに入れてもらったような気分になるお店です。たれが、ニンニクが辛いと感じるほどの、ものと、普通?のものと2種類あるのですが、もう何も気にせず辛い方で。カロリーとか考えたら、体に悪いんだろうな〜と思いながらも、悪い物ほど美味しいというべきなのか、ぺろっと食べてしまう訳です。
う〜ん恐るべき関所です。
[PR]
by myaquarium | 2010-06-05 22:31 | city