デザイン、リゾート、建築、本、映画、音楽、に関すること。myaquariummail@gmail.com


by myaquarium

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
art
city
music
movie
think
book
design
resort
magazine
food
未分類

以前の記事

2016年 09月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

お気に入りブログ

あきよしちひつどう
ライター・原口純子の北京日記
YUZURIHA NEWS
日常と映画の関係
portagioie
Feels like h...
建築設計な日々(遊工舎・...
中国の風 - 天気良好、...
中国語奮闘記
エンゾの写真館 with...
*あみの中国語ブログ*
詩と人生と
九谷焼の北山堂 店長日記
note
t.a.t.d.
待ってろkichiji
Design BLOG
異邦人
HEROM'S冩眞舘
Kippis! from...
ヤマザキマリ・Seque...
酔いどれ広報マン中国をゆく
ことことのなにげない日々...
ゆらゆら日記
おいしい旅。
ツレヅレハナコ blog...
KA4K
うひひなまいにち
lightanddishes
su・te・ki Seoul
内澤旬子 空礫絵日記
ML日誌
五本木日和
あの空のむこう側

最新のコメント

http://www.d..
by uvlaEssexia at 15:33
Yes, the gov..
by gayKl at 00:09
お久しぶりです。 旅行..
by mhikari3 at 19:53
>あっきさん すみませ..
by myaquarium at 08:10
ご無沙汰です。鞄が喜んで..
by おさむっち at 15:47
たけさん生きてるのかな、..
by あっき at 07:21
こちらこそ!宜しくお願い..
by myaquarium at 10:30
ご無沙汰しております。 ..
by おおかわ at 00:11
屋形船のような風流なもの..
by syano at 23:58
バターは確かに。でも美味..
by myaquarium at 22:22
いいですね。 最近私も..
by あっき at 00:21
有り難うございます。そう..
by myaquarium at 07:36
1000件、おめでとうご..
by mhikari3 at 15:07
良いですね。ちょっとどう..
by myaquarium at 17:14
ウイスット・ポンニミット..
by みしな at 23:06
そうなんですね!でも完売..
by myaquarium at 08:49
あら、先週いました。ワタ..
by あっき at 22:34
そうそう女性のお客さんの..
by myaquarium at 21:41
かわいいです~。色がぐん..
by みしな at 00:29
当たり前なのかもしれない..
by myaquarium at 23:27

LINK

最新のトラックバック

宇宙の95%が完成、ピー..
from web magazine G..
ハリケーン損害、大規模停..
from 【新着】アメリカ ハリケーン..
よろしく
from こんにちは
クラムボン 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
「歌舞伎町のミッドナイト..
from 月灯りの舞
ピアノ講師の求人募集転職..
from ピアノ講師の求人募集転職採用..
テロルの決算 沢木耕太郎
from 国内航空券【チケットカフェ】..
湘南の不動産
from 湘南住宅ナビ
WEBマーケティングとS..
from マーケティング.biz
MOSの資格と求人
from 転職求人

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
本・読書

画像一覧

<   2010年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

Twitter

c0062361_2021355.jpg

今更ながら始めてみました。また半年?位続けてみてレポートしてみようかなと。思います。今のところまだいまいちどこが面白いのか分かっていませんが・・・。
[PR]
by myaquarium | 2010-01-31 20:32 | design

iPad

c0062361_19434039.gif

ついに出ましたね!iPad。
amazonのKindleは大きな影響を受けてしまいそうですね。
アプリで雑誌OnLineというのがあるのですが、正にこんな感じで100円位で読めるようになったら、重宝しそう。
iPodが、家にある全てのCDを入れてしまう、ということだったら、本もそうなったらすごいな・・・。

Apple sites
[PR]
by myaquarium | 2010-01-31 20:08 | design

どくろ杯

c0062361_2145196.jpg

おどろおどろしいタイトルとは少し異なって、ユーモラスとは言いがたいけれど、ただ厭世的というよりは、もう少し人間の普通の葛藤とか、欲望とか、悩みとかが描かれていて、面白かった。もちろん、21世紀に生きる人間から見れば、ちょっと今の価値観にはない、差別認識とかがあるのは間違いないけれど、実際に当時はあったのだから、それはそれとして、でもそれでも大正生まれの金子光晴は、ヒューマニズムだなんだとカタカナ文字で括弧書きしているわけだから、相当意識的には進んでいた、という理解だったのだろう。奥さんの自由さを結果としてある程度許容しながらも、蒲団以来、男ってホント大したことないというか・・・情けないというか、というところは、何時の時代でも一緒なのでしょうねきっと。
ただどうも読みはじめの最初の1ページ。時代は違えど、ほとんど現代にもあてはまるような入り方。途中で上海の内山書店で世話になる様子や、魯迅との親交があった様子など、興味深かった。上海の描き方は、ある意味今の上海が持っている魔都性を表現しているようにも感じるし、結果として存在する貧富の格差はやっぱり今もあるのだと改めて思う。
沢木耕太郎と違い、夫婦での放浪記。しかも奥さんは、東京に残してきた恋人と手紙のやりとりはばんばんしているし、お金は全くないし、それでも、一般的には、海外でなんとか旅を続けるなんて(そうそう実子を預けてまで!)、変わっていると言えばそれまでだけれど、ちょっと不思議な世界観。オンザロードなんかよりずっと、ある意味現代的というか。
一応旅行記という体裁なので、続きがある訳で、読んでみようかな。
それと大正時代を生きた人にとって、関東大震災が与えた影響は大きかったのだな、と改めて感じた。どこか刹那的なのは裏返せば死を直視したからで、その経験が、1日も1年も旅というか、そういう感覚を生ませたような気がする。
うまく言えないけれど、今の時代感覚と近いような、そういう気がした。
[PR]
by myaquarium | 2010-01-24 21:33 | book

ルイスバラガン展

c0062361_2013796.jpg

相当久しぶりにワタリウム美術館へ行った。何時ぶりだろう?思い出せないけれど、振り返ると六本木ヒルズが聳えたっていて、それがなんか懐かしく感じられた。
ルイスバラガン展、以前にも東京都現代美術館でやっていて、確かその時は同スケールの水盤と窓が再現されていたような記憶があります。それが、2002年か・・・。ほぼ10年経っているのかと思うと、なんだか、歳をとったな、と改めて感じます。その時の印象は、ピンク、直角、直進する光、といったところでしょうか。窓のエッジが奇麗に投影されるとかそういうところから、当たり前ですけれど直進するというかまっすぐな光の世界を感じました。メキシコの刺すような(体験したことはないけれど)光が影響しているのでしょうか。広がる光とか、曖昧な境界ではなくて、明確に境界があるような、そういうイメージ。
という訳で、今回の展示会。事前に聞いていたのですが、確かにコルビジェ直筆の手紙は、何だか妙に微笑ましいというか、人間性が出ていて、とても印象に残りました。
最終日、ということもあって、混んでいたような気もしますが、仕方がないけれど、展示スペースが狭いですね・・・笑。ただ、SANAAのデザインのお陰なのでしょうが、丁度晴れていたこともあって天井からのストレートな自然光が、吹き抜けを通じて床や葉を照らす様は、とても趣があって、そして凛とした感じがしてよかったです。
最終日だったけれど、体験出来てよかった。ぎりぎりセーフでした。
ワタリウム美術館
[PR]
by myaquarium | 2010-01-24 20:16 | art

義援金

c0062361_21405052.gif


大した金額ではないのですが、寄付をしました。こういうプラットフォームがiTunesにあることは助かります。手間がかからないというか、選挙でも個人の寄付がものを言うアメリカならではなのかは分かりませんが。明日は我が身と思いながら、でも、やはり心は痛みます。
ハイチに対してそれほどイメージもなく、世界史でも世界初の黒人国家というようなことを習う訳ですが、その後の歴史を見ると、大国の近現代史における醜い面が凝縮されているというか。復興だけではなく、国づくりというか、そういうことが求められてしまうところに、今後の難しさがあるような気がしました。
[PR]
by myaquarium | 2010-01-23 21:38 | think

東京スカイツリー

c0062361_19573448.gif


Skytreeも徐々に出来てきていますね。ブルジュドバイもオープンということですが。ちょっとスケールが違いますね。
[PR]
by myaquarium | 2010-01-18 19:58 | city

FREE

c0062361_12341566.jpg

久しぶりにネット系の本を読みました。もちろん、自動車では成り立たないだろうし、基本的には「情報」というか、「データ」ということが前提になるのだとは思う。そもそも価値論や歴史を信仰しないとした経済学の人たちは、どちらかというと希少(である筈の)な資源を効率よく分配するということを研究の対象としていて、有り余るもの例えば空気とか、そういうものは往々にして無視してきた。あるいは、移動コストとかのような外部経済を何とか内部化しようとしてきたけれど、結局それは資源に対しては従属的な扱いでしかなかった。
という訳で、多分経済学者の感覚からすれば、最早インターネット上の情報を分析するのはとってもクレイジーなことなのかもしれない。ま、結局1つの制度、という程度なのか。
本書の唱えるフリー、すなわち、無料という戦略であったり無料が持つ意味、そして無料から有料を生む発想は、ロングテールと同じように、非常に興味をそそられるテーマだし、実際そうなっているのだとも思う。
結局、生産力的な考え方をするなら、もの凄くあがっていて、その中では、物質的な問題は、確かに先進国ではほぼ解決されている、と考えればマーケティングの教科書として本書は意味があるのかもしれない。ネット社会は結局のところ、流通コストの最小化なのだとすれば、本質的には付加価値を生み出していない、ということで良いのか?な。少なくともオンラインゲーム産業が発展するくらいの余力はまだまだある、ということなのかしら。
食べ物は結局希少な資源だけど、情報はもう死ぬほどあってしかも情報では最後食べて行けない。ということはもしかしたら、情報ってそういう意味では資源ではない、そうやっぱり流通コストでしかないのか。なるほど。
やっぱり、アメリカは農業国だし、という議論ってどこかできっと意味はあるのでしょうかね・・・。
[PR]
by myaquarium | 2010-01-17 12:33 | book

ソニアのショッピングマニュアル

c0062361_11345260.jpg

後輩のMさんに薦められて買ってみました。確かに本好きの私としては、装丁が素敵だと感じました。掲載されている物は、高いものばかりで、全部買える、ということでは決してないのでしょうが、元はと言えば、必要だから買うということは根底にあったとしても、好きだから買う、そしてだから大切に使う、ということがあるのだろうなと。だから、1000円の物を沢山買うなら、5万円の物を1度買って長く使う、というためにも、良いものを買うって言うのは確かに必要な精神なのかも知れません。それこそ、パリのボンマルシェ以前では、当たり前だったのでしょうが。
勉強になりました。

ソニアのショッポングマニュアル
[PR]
by myaquarium | 2010-01-16 11:33 | book

きのこ

c0062361_11185988.jpg

ちょっと写真の撮り方が良くなかったのですが、Le Chaponの日曜朝市で、キノコを買いました。バターでソテーするように、というご指示を頂いたので、そのまま、ソテーして、ニョッキと合わせたのですが、食べ終わったともずーっと口の中にキノコの風味が残って、驚きました。美味しかったです。
確か、ピエ・ドゥ・ムートンというキノコととジロールではなかったかと思います。
[PR]
by myaquarium | 2010-01-15 11:18 | think

Arne

c0062361_23251970.jpg

Arneも最後となってしまいましたね。残念ですが、大橋さんの意志のようなので、仕方ないかな、とは思います。毎月買っていた訳ではないのですが(すみません)、なんか、本屋さんに行ってArneがあると、ホッとするというか、そんな感じがしていました。
糸井さんといい、大橋さんといい、なんか素敵な頑張り方で見習いたくなります。
[PR]
by myaquarium | 2010-01-14 23:24 | magazine