デザイン、リゾート、建築、本、映画、音楽、に関すること。myaquariummail@gmail.com


by myaquarium

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
art
city
music
movie
think
book
design
resort
magazine
food
未分類

以前の記事

2017年 09月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

お気に入りブログ

あきよしちひつどう
ライター・原口純子の北京日記
YUZURIHA NEWS
日常と映画の関係
portagioie
Feels like h...
建築設計な日々(遊工舎・...
中国の風 - 天気良好、...
中国語奮闘記
エンゾの写真館 with...
*あみの中国語ブログ*
詩と人生と
九谷焼の北山堂 店長日記
note
t.a.t.d.
待ってろkichiji
Design BLOG
異邦人
HEROM'S冩眞舘
Kippis! from...
ヤマザキマリ・Seque...
酔いどれ広報マン中国をゆく
ことことのなにげない日々...
ゆらゆら日記
おいしい旅。
ツレヅレハナコ blog...
KA4K
うひひなまいにち
lightanddishes
su・te・ki Seoul
内澤旬子 空礫絵日記
ML日誌
五本木日和
あの空のむこう側

最新のコメント

http://www.d..
by uvlaEssexia at 15:33
Yes, the gov..
by gayKl at 00:09
お久しぶりです。 旅行..
by mhikari3 at 19:53
>あっきさん すみませ..
by myaquarium at 08:10
ご無沙汰です。鞄が喜んで..
by おさむっち at 15:47
たけさん生きてるのかな、..
by あっき at 07:21
こちらこそ!宜しくお願い..
by myaquarium at 10:30
ご無沙汰しております。 ..
by おおかわ at 00:11
屋形船のような風流なもの..
by syano at 23:58
バターは確かに。でも美味..
by myaquarium at 22:22
いいですね。 最近私も..
by あっき at 00:21
有り難うございます。そう..
by myaquarium at 07:36
1000件、おめでとうご..
by mhikari3 at 15:07
良いですね。ちょっとどう..
by myaquarium at 17:14
ウイスット・ポンニミット..
by みしな at 23:06
そうなんですね!でも完売..
by myaquarium at 08:49
あら、先週いました。ワタ..
by あっき at 22:34
そうそう女性のお客さんの..
by myaquarium at 21:41
かわいいです~。色がぐん..
by みしな at 00:29
当たり前なのかもしれない..
by myaquarium at 23:27

LINK

最新のトラックバック

宇宙の95%が完成、ピー..
from web magazine G..
ハリケーン損害、大規模停..
from 【新着】アメリカ ハリケーン..
よろしく
from こんにちは
クラムボン 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
「歌舞伎町のミッドナイト..
from 月灯りの舞
ピアノ講師の求人募集転職..
from ピアノ講師の求人募集転職採用..
テロルの決算 沢木耕太郎
from 国内航空券【チケットカフェ】..
湘南の不動産
from 湘南住宅ナビ
WEBマーケティングとS..
from マーケティング.biz
MOSの資格と求人
from 転職求人

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
本・読書

画像一覧

<   2009年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Icebar Tokyo

c0062361_18451577.jpg
c0062361_18461883.jpg
c0062361_18462834.jpg


勢い余って行ってしまいましたが、一人ワンドリンク付3500円はちょっと高いです。ネタとしては面白いですが。氷点下5℃なので、防寒着や手袋はかしてくれますが、やっぱり寒いです。長くは居られないかなと思いますが、夏急速冷凍したいときには是非。
飲んでから行った方が、きっと良いです。しらふだと、直ぐに寒くなるような気がします。

Icebar Tokyo サイト
[PR]
by myaquarium | 2009-07-28 18:46 | city

夏ライブ!

c0062361_19225511.jpg
c0062361_19232629.jpg


夏ライブ、今年もやります。
2009年8月15日(土)14時スタート(予定)@山手 Angel's Club

クラムボンを中心に10曲ちょっと超える位の曲を予定。夏ライブらしく、熱い曲が多いです☆今回はウクレレも登場予定です!
[PR]
by myaquarium | 2009-07-27 19:23 | music

夏の空

c0062361_2042179.jpg
c0062361_20423434.jpg


梅雨明けして、ようやく、夏らしくなってきました。しかし、当然のことながら夏なので暑いです。夏の空は高いというより、湿気も含んでちょっと白っぽい青色というか。写真は永代橋からの佃島です。
[PR]
by myaquarium | 2009-07-26 20:42 | city

ロックフィッシュ

c0062361_18155418.jpg
c0062361_18162234.jpg


ロックフィッシュ紹介サイト

角瓶のウィスキーで作るハイボール、ホントに美味しいお店です。おつまみもちょっと変わった乾きものもあって面白いです。椎実って意外オイリーというか、ホント胡桃みたいです。
[PR]
by myaquarium | 2009-07-25 18:16 | city

「中国全省を読む」辞典

c0062361_17542854.gif

内陸部と海岸沿とで10倍近い経済格差がある、ということは良く新聞等で報道されているところだけれども、天津などの比較的北部エリアと上海を中心とした南のエリアでも、その格差が大きくなっているのですね。北京は北部でも一人勝ちの様相を呈しているようですが。

省と言っても、一つ一つは国ほどある大きさ。人口も河南省の95百万人、山東省で94百万人、四川省の86百万人など、やっぱりスケールが違います。

2009年7月16日付の日経によれば、中国からの対外投資の外貨規制を緩和した、とのことでこれまでの審査制から事後報告だけで済む登録制になったそうです。アメリカの人民元切り上げ要求もあって、より一層、そうした動きは加速しそうですね。ハゲタカのような世界が現実に起きそうな気もします。
[PR]
by myaquarium | 2009-07-24 18:18 | book

裏原org

c0062361_19501621.gif


NTTドコモと連携して、iコンシェルなども利用してショップの情報を提供して行くというサイト。アイデアは面白いと思うのですが、折角だから英語のサイトも立ち上げたら面白いかなと思いました。きっと、日本でだけ評価されているというよりは、世界をフィールドにして評価されているということもきっと、多いのでしょうしね。

しかし、ちょっとアートというジャンルが弱いのでしょうかね・・・。

裏原org サイト
[PR]
by myaquarium | 2009-07-23 19:58 | city

PEN 8月1日号 プロが選ぶ究極の一冊。

久々にPENから。

「生涯の友が見つかる世界の名物書店」という特集。これはなかなか興味を惹かれるテーマです。こうしてみると、日本の専門書店は全然負けていないような気もします。
でも、サイトはないのですが、Merci!とか、NYのPOWERHOUSE ARENAは力強さがある感じが伝わってきます。しかし、こうやってみると、ある意味美術館とかよりもずっと、インタラクティブな空間として、書店は世界中で機能しているのですね。
私は専ら、ABCに出現してしまうのですが、後は結構、ワタリウム美術館にある「オン・サンデーズ」が好きな空間です☆

そうしたカルチャーも、世界へ発信したいところですね。そう言えば、ゴーギャンの「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」が東京国立近代美術館に来ていたのですね。見に行きたいけれど凄い人なのでしょうね・・・きっと。

c0062361_19171036.gif

c0062361_1921234.gif


Merci!(Figaro Japon Site)
POWERHOUSE ARENA
Tranque Bar
Milano Libri
De Zuiderkerk Voor Ruimte, Bouwen en Wonen
Stanfords
[PR]
by myaquarium | 2009-07-22 19:23 | design

東京ミキサー計画

c0062361_18222743.gif

なんか、変わった本を買ってしまった。
「芸術というのは非常に難しい言葉です。缶詰食品みたいな言葉です。缶切りで缶の口を開けたとたんに、そのときから中味の芸術は少しずつ腐りはじめる」(p.13)

デュシャンそのものというか。結局のところ、芸術はある「もの」ではなくて、コミュニケーションそのものというか、そこに確かにあった経験的な関係性を言うのかな。と改めて感じた一冊でした。
関係性なので、当然に時代背景に強く定義されるし、恐らくその時代の空気を伝えるという趣旨でなければ、逆に、その時代の空気を背景にしないと見えない物なのかもしれない。オリンピック前の東京の熱気、北海道でも、福岡でもなくて東京で行われた「笑」の沸点。というか、一連の出来事。

いつから芸術は分かりにくくなったのか?もちろん、それは時代が複雑になっているからだとも思う。単純な善悪でもないし、かといって、怒りが消える訳でもない。少なくとも国境線はフィクションに成り下がり、情報は時間をすり抜ける。未来よりも過去に価値を見いだし、経験より体験が重視される世界で、芸術はどれほど力強く立ち上がれるだろう?

なんて、議論はどこか空虚ですね。今の時代にとって。商品かどうかは売られているかどうか?だとすれば、芸術も芸術と言ったもん勝ち、ということは間違いないのでしょう。きっと。そんな原点、面白いことやってみよう;芸術の缶詰を作ろう、ということは今日でも脈々と引き継がれている、そんな気がしました。
[PR]
by myaquarium | 2009-07-21 18:21 | design

c0062361_22201481.jpg
c0062361_22202224.jpg
c0062361_22202886.jpg
c0062361_22203582.jpg


なんか上海で妙に心に残ったイメージがあって書いてみました。クロッキーで表情がありますよね。ホント。
[PR]
by myaquarium | 2009-07-20 22:20 | design

ミスター・ヴァーティゴ

c0062361_23281827.gif

何だか、随分前にも読んだのだけれど、また読んでしまった。
オースターのストーリーテラー性が遺憾なく発揮されている一冊という感じはします。少し痛々しいシーンもありますが、感情のインパクトを考えると、それくらいの仕掛けは必要だったのかもしれません。
ただの少年の成長ストーリーと言ってしまえばそれまでだけれど。スコットフィッツジェラルドの描いた少年の喪失感とか違って、生に対してはもの凄くどん欲な少年像。死んでるのか生きているのかわらからない感じではなくて確実に強く生きているということ。その辺りが、オースターらしいのかな。

多分そうなんだろうな〜。珍しくきちんと生を書いている作家なのかもしれない。恋愛というのはあまりテーマになっていないけれど、愛と生きることがテーマだから、死も扱わざるを得ない、そんな感じ。
[PR]
by myaquarium | 2009-07-19 23:52 | book