デザイン、リゾート、建築、本、映画、音楽、に関すること。myaquariummail@gmail.com


by myaquarium

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

ブログパーツ

カテゴリ

全体
art
city
music
movie
think
book
design
resort
magazine
food
未分類

以前の記事

2016年 09月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

お気に入りブログ

あきよしちひつどう
ライター・原口純子の北京日記
YUZURIHA NEWS
日常と映画の関係
portagioie
Feels like h...
建築設計な日々(遊工舎・...
中国の風 - 天気良好、...
中国語奮闘記
エンゾの写真館 with...
*あみの中国語ブログ*
詩と人生と
九谷焼の北山堂 店長日記
note
t.a.t.d.
待ってろkichiji
Design BLOG
異邦人
HEROM'S冩眞舘
Kippis! from...
ヤマザキマリ・Seque...
酔いどれ広報マン中国をゆく
ことことのなにげない日々...
ゆらゆら日記
おいしい旅。
ツレヅレハナコ blog...
KA4K
うひひなまいにち
lightanddishes
su・te・ki Seoul
内澤旬子 空礫絵日記
ML日誌
五本木日和
あの空のむこう側

最新のコメント

http://www.d..
by uvlaEssexia at 15:33
Yes, the gov..
by gayKl at 00:09
お久しぶりです。 旅行..
by mhikari3 at 19:53
>あっきさん すみませ..
by myaquarium at 08:10
ご無沙汰です。鞄が喜んで..
by おさむっち at 15:47
たけさん生きてるのかな、..
by あっき at 07:21
こちらこそ!宜しくお願い..
by myaquarium at 10:30
ご無沙汰しております。 ..
by おおかわ at 00:11
屋形船のような風流なもの..
by syano at 23:58
バターは確かに。でも美味..
by myaquarium at 22:22
いいですね。 最近私も..
by あっき at 00:21
有り難うございます。そう..
by myaquarium at 07:36
1000件、おめでとうご..
by mhikari3 at 15:07
良いですね。ちょっとどう..
by myaquarium at 17:14
ウイスット・ポンニミット..
by みしな at 23:06
そうなんですね!でも完売..
by myaquarium at 08:49
あら、先週いました。ワタ..
by あっき at 22:34
そうそう女性のお客さんの..
by myaquarium at 21:41
かわいいです~。色がぐん..
by みしな at 00:29
当たり前なのかもしれない..
by myaquarium at 23:27

LINK

最新のトラックバック

宇宙の95%が完成、ピー..
from web magazine G..
ハリケーン損害、大規模停..
from 【新着】アメリカ ハリケーン..
よろしく
from こんにちは
クラムボン 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
「歌舞伎町のミッドナイト..
from 月灯りの舞
ピアノ講師の求人募集転職..
from ピアノ講師の求人募集転職採用..
テロルの決算 沢木耕太郎
from 国内航空券【チケットカフェ】..
湘南の不動産
from 湘南住宅ナビ
WEBマーケティングとS..
from マーケティング.biz
MOSの資格と求人
from 転職求人

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
本・読書

画像一覧

<   2006年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

3月31日


3月31日

ってやっぱり、区切りな日なのですね。改めて、そう感じた一日でした。

何となく、さ〜また始めるかっていう気持ちになれるというか。春ですしね☆明日からは、2006年度のスタートです(尤も、当社は12月が決算期なので、カレンダー通りの年度なのですが笑)
[PR]
by myaquarium | 2006-03-31 23:25 | think

自分の仕事をつくる

c0062361_23103642.gif

結構前に(といっても2年前?)買った本で、なんか、読み返してみようと思った。(最近、ちょっと本棚を写真に写してみて、色々と思うことがあって、気になる本を読み返しているのがマイブーム笑)

ふと、ソフトバンク新書(!)というものの中に、『宗教としてのバブル』って言う本が本屋にあって、15分くらい立ち読みして読み終えたのですが、要するに、バブル経験世代と未経験世代では明らかに価値観に断絶があって、更に言うとバブル未経験世代の価値観は、それなりに素晴らしいじゃない、みたいな話なのですが、これもメディアはメッセージであるということを踏まえれば、ターゲット自体が、若い世代、ということだけなのかもしれないけれど、それなりに納得も出来たり。週刊誌レベルの議論だけど笑。

しかし、この『自分の仕事をつくる』は、2つの面で良い本だと思います。一つ目は、とにかく現場に行っての率直にそこの雰囲気を伝えているし、インタビュー形式を取ることで、等身大の働き手が見えること。そして、もう一つは、正に、著者が、この本の制作も含めて、自分の仕事をつくって、且つ、丁寧な仕事をしていることが伝わってくることです。

瀧口範子と並んで、インタビューの編集が上手い人だな〜と思います。人を変えるには、まず自分が変わること、というメッセージが、ホントに違和感なく素直に受け取れる、そんな素敵な本です☆

そして、ちょっとバブル未経験世代として、正に、そういう生き方を体現していきたいなと思うのでした。
[PR]
by myaquarium | 2006-03-30 23:10 | book

デザインの現場

c0062361_2333580.gif

面白い!2月号の『デザインの現場』は、本好きな私としては、直ぐにでも全部amazon.comで注文しそうになる(嘘)感じの内容でした☆

特に、デザイン史を関係する書籍と一緒に紹介しているところなんかは、泣かせます。どこかの大学のテキストでそのまま使えるのではないだろうか?と思ってしまう程の充実度合い。

この分野ご興味のある方は是非☆
[PR]
by myaquarium | 2006-03-29 23:01 | design

生活空間のリストラクチュアリング

久々に本棚を眺めてみたら、ふと、昨年の5月号の建築雑誌が眼に留まったので、読み返してみた。タイトルは、「生活空間のリストラクチュアリング」だ。

タイトルを見るだけで、なんとなく、傲慢な感じのするタイトルだけれど、改めて読んでみました。

間宮陽介が巻頭に寄稿していて、「社会的共通資本としての都市空間」というタイトルで、宇沢弘文の「社会的共通資本」というか、『自動車の社会的費用』の内容をを数行で語ってみせて、最後は、結局住み手を意識し、空間心理学とでも言うべきものを考えなくてはならないと結論づけています。

最近少なくなってきたマトモな"エコノミスト"であると思うけれど、それなりに、なんじゃそりゃ?っていう纏めでもあったと思う。

それとも、最早経済学は終わってしまったのだろうか?と思ったりもする。マインドや政策とは別次元で経済というフレームワークは今日も、淡々と自律して動いているとも言える。ただ、マクロ経済学の指標にも、ミクロ経済学の指標にも、なかなかどうして、豊かさの指標は登場し得ない。なぜなら、それは凡そ価値観によってしまうものだから。

だから、心理学なのか?とは思う、思うけれど、経済学のフロンティアがそこにあるような気もするのです。今さら、外部不経済の内部化とかっていう議論でもなく、直ぐに政治/法、ということでもなく、経済学として、都市空間を考えられないかなと。

「商品」の規定をもう一度し直すことが大切なのかもしれない。売られていれば「商品」ということの裏側に所有権の問題もあるわけですが、効用という実体の伴わない抽象化ではなく、商品という実物に拘って考えてみると、経済学として再定義が図れるような気もします。

ま〜アダムスミスからだって、250年くらいしか経っていない学問ですからね・・・。いつの間にか無くなってしまう程度だったのかもしれないけれど・・・。

あと、「建築ストックのコンバージョン」という佐藤孝一のテキストも少し気になった。というのも、コンバージョン住宅へは凡そ4分の3が肯定的な意見を都心の公団住宅の住民はもっていたが、その理由のうち、利便性、リーズナブル、ともう一つ、「マンション・マンションしたマンションには住みたくない」という理由があった、ということが書いてあったからです。
アンケートの詳細を見ていないので、よくわからないのですが、なかなか面白い結果だな〜とは思いました。
[PR]
by myaquarium | 2006-03-28 22:19 | design

インフォグラフィック

c0062361_21584279.gif

    →

  左を見ろ



って言うのだと、→は右を向いているのに、テキストは逆に左を見ろとなっている。けど、おおよそほとんどの人は→に引きずられて右を見てしまう。

なんて言う初歩的なことは、昔、講談社ブルーバックスの『「分かりやすい表現」の技術』という本で読んだこともあれば、情報デザインソーソブックを買ったこともあるけど、もう少し、方法としてのグラフィックという視点から定義したのが、インフォグラフィックということなのかしら。

ま〜雑誌レベルなので、専門的?ではもちろんないのですが、普段のプレゼン資料レベルでも役に立つアイデアが沢山ありました。

最近、プレゼン資料を作る機会が多くて、感じるのですが、デジタル化して大きなメリットの一つは、コスト意識がなく、カラーを使える、ということなような気がします。つまり、ファイルとしての情報は、ドキュメントそのものですが、プリントしなければ、正にカラーを使い放題笑。

早く、プリントアウトしなくても良い時代が来てほしい・・・。

そして、この雑誌を読んでいていつも感じるのは、別に特集でインフォグラフィックなんてくまなくても、そのお手本として、ホントにいつも学ぶことが多いということです。素敵☆
[PR]
by myaquarium | 2006-03-27 21:58 | design

東京

c0062361_21515095.gif

毎年一回は、出ているCASAの東京特集。

今回は、要するに、表参道ヒルズです。思えば、一昨年は六本木ヒルズ、昨年は羽田第2ターミナル、みたいにメガプロジェクトの進行で、本当に東京はマッハで変わっていきますね。

石原都知事のインタビューも掲載されていて、早速、イタリア文化会館が非難されていましたね。最も、丹下作品は問題ないらしいのですが・・・。あの、スターリン建築を彷彿とさせる都庁デザインもIC基盤でも何でもいいのですが、少なくとも、権威そのものって感じで好きじゃないのですが・・・。

さて、そろそろ、表参道ヒルズも偵察にいこうかな笑
[PR]
by myaquarium | 2006-03-26 21:51 | design

Out of Eden

c0062361_2149681.gif

とあることから知った、Eden Prpject

いわば、コンセプトブック、の様なものを買ったのですが、しかし、壮大なプロジェクトです。そう、万博みたいな一過性なものではなくて、こういう企画こそ、意味があるような気がします。

The living theatre of plants and peopleをキーワードに陶土採掘場跡地に、リトル地球を作ってしまった生きている博物館。ドームは全長1kmもあるらしい。

う〜ん、大英博物館の国、イギリス。恐るべし。そして、何かヒントが隠されている、そんな企画ものなのでした。
[PR]
by myaquarium | 2006-03-25 21:46 | design

左側の本棚

c0062361_2143202.jpg
c0062361_21433140.jpg
c0062361_21434033.jpg
c0062361_21435130.jpg


左側の本棚は比較的、建築系でまとまっている様な感じですね。あ、でも、IT系の本も混じっていますね笑。

都市が多様性を持っている以上、建築、文化、コミュニティ、メディア、コミュニケーション、ネットワークは極めて近いカテゴリーだと思うので、ある意味、私の本棚は、都市の縮図なのかもしれませんって、ちょっとかっこ良く纏め過ぎかな・・・。

本棚自体が、メディアになるように、ブログは機能するのかもしれません。あるいは、情報の取捨選択能力が正に、高いステータスをもって受け入れられる未来がもうそこまで来ているということな様な気もします。

さて、この膨張する本棚はどこへ向かっていくのか・・・。また一年後くらいに、ご報告しましょう笑。
[PR]
by myaquarium | 2006-03-24 21:42 | design

右側の本棚

c0062361_2142420.jpg
c0062361_21421451.jpg
c0062361_21422438.jpg
c0062361_21423340.jpg


たまには、本棚の写真でも笑。

しかし、右側の本棚を見てみると、ホントに何屋なのか?と思うラインナップですね。Visual C#のテキストがあったり、DCFのテキストだったり。。。しかも、その本の裏には、ウェブレンの本が並んでいたりします。専ら社会人になってから、買ったのかと思うと、恐ろしい・・・。

ま〜でも、本を読むことは、作者との対話だといつも思うので、さてさて、スペースがそろそろ・・・。
[PR]
by myaquarium | 2006-03-23 21:41 | design

チョコレート

c0062361_21352632.jpg


Debailleulのチョコレートを買ってみました。美味しい?、そう、確かに美味しいのだけど、本場です笑。

OAZOで買ったのですが、丸ビルにもあるようですね。
[PR]
by myaquarium | 2006-03-22 21:34 | design