デザイン、リゾート、建築、本、映画、音楽、に関すること。myaquariummail@gmail.com


by myaquarium

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
art
city
music
movie
think
book
design
resort
magazine
food
未分類

以前の記事

2016年 09月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

お気に入りブログ

あきよしちひつどう
ライター・原口純子の北京日記
YUZURIHA NEWS
日常と映画の関係
portagioie
Feels like h...
建築設計な日々(遊工舎・...
中国の風 - 天気良好、...
中国語奮闘記
エンゾの写真館 with...
*あみの中国語ブログ*
詩と人生と
九谷焼の北山堂 店長日記
note
t.a.t.d.
待ってろkichiji
Design BLOG
異邦人
HEROM'S冩眞舘
Kippis! from...
ヤマザキマリ・Seque...
酔いどれ広報マン中国をゆく
ことことのなにげない日々...
ゆらゆら日記
おいしい旅。
ツレヅレハナコ blog...
KA4K
うひひなまいにち
lightanddishes
su・te・ki Seoul
内澤旬子 空礫絵日記
ML日誌
五本木日和
あの空のむこう側

最新のコメント

http://www.d..
by uvlaEssexia at 15:33
Yes, the gov..
by gayKl at 00:09
お久しぶりです。 旅行..
by mhikari3 at 19:53
>あっきさん すみませ..
by myaquarium at 08:10
ご無沙汰です。鞄が喜んで..
by おさむっち at 15:47
たけさん生きてるのかな、..
by あっき at 07:21
こちらこそ!宜しくお願い..
by myaquarium at 10:30
ご無沙汰しております。 ..
by おおかわ at 00:11
屋形船のような風流なもの..
by syano at 23:58
バターは確かに。でも美味..
by myaquarium at 22:22
いいですね。 最近私も..
by あっき at 00:21
有り難うございます。そう..
by myaquarium at 07:36
1000件、おめでとうご..
by mhikari3 at 15:07
良いですね。ちょっとどう..
by myaquarium at 17:14
ウイスット・ポンニミット..
by みしな at 23:06
そうなんですね!でも完売..
by myaquarium at 08:49
あら、先週いました。ワタ..
by あっき at 22:34
そうそう女性のお客さんの..
by myaquarium at 21:41
かわいいです~。色がぐん..
by みしな at 00:29
当たり前なのかもしれない..
by myaquarium at 23:27

LINK

最新のトラックバック

宇宙の95%が完成、ピー..
from web magazine G..
ハリケーン損害、大規模停..
from 【新着】アメリカ ハリケーン..
よろしく
from こんにちは
クラムボン 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
「歌舞伎町のミッドナイト..
from 月灯りの舞
ピアノ講師の求人募集転職..
from ピアノ講師の求人募集転職採用..
テロルの決算 沢木耕太郎
from 国内航空券【チケットカフェ】..
湘南の不動産
from 湘南住宅ナビ
WEBマーケティングとS..
from マーケティング.biz
MOSの資格と求人
from 転職求人

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
本・読書

画像一覧

カテゴリ:movie( 19 )

猫も杓子も

c0062361_21564003.jpg
スターウォーズ商戦に、ZOZOも参戦。ということで少し前だがトルーパーのマスクが作れる箱で配送ということで、なかなか面白いキャンペーンだった。しかし、強力なコンテンツがあると、自分自身で広告宣伝をしなくとも、こうやって盛り上げてくれるのだからすごい。007のマーケティングも物販とのコラボレーションの数々には頭が下がる。うちの場合は、猫が乗っかってしまい、なんか作る気が失せてしまいましたが、でもホントいいアイデアだ。


[PR]
by myaquarium | 2016-01-05 22:04 | movie

インセプションを観た。

インセプションを観ました。面白かったです。全く期待せずに観に行ったのですが、良い意味で期待を裏切られました。押井守のビューティフルドリーマーというか、イノセンスを思い出しましたが、いづれにせよ、非常に良く出来ていましたし、スケールも大きかったし、変に政治とかそういうこともなく娯楽として楽しめる映画でした。
クリストファー・ノーランの脚本が素晴らしいということに尽きますね。ダークナイトといい、ちょっと高等向けではありますが、非常に魅力的な作品を作っている気がします。

クリストファー・ノーランが観ていたかは分かりませんが、ある意味押井守の先見性を改めて感じるという側面もありました。面白いです。
[PR]
by myaquarium | 2010-08-08 22:02 | movie

アリスインワンダーランド

c0062361_881569.gif


ちょっと前ですがアリスインワンダーランドを見ました。結局アバターは観ていないので、初3D体験でした。
制作者が3Dでこんなことしたいな〜という効果が至る所にちりばめられている感じでしたね。ストーリーはなんか、分かるような分からないようなといったところ。ジョニーデップが居なかったらちょっと厳しい映画な気もしますが、やっぱり彼の存在感は凄いですね。
しかし、3Dでも、マイノリティレポートの中の立体的な動画みたいなのが出たら面白いだろうな〜。もちろんどうやって撮影するの?っていうことがあるのですけれども。
結局コンテンツが技術をある意味上回れるか?という事なような気もするので。お笑いを3Dで観ても仕方がないし。テレビまで普及するのは何となく時間がかかるというか、意味があるのかな、という気もします。
[PR]
by myaquarium | 2010-05-06 08:07 | movie

狙った恋の落とし方

c0062361_22426100.gif

中国でレッドクリフを超えて人気を誇った映画、ということで、早速見てきました。映画のジャンルはラブコメディということになるのでしょうが、なかなか面白かったです。映画としては、現在の中国を舞台に、リズミカルに、場所や人も様々出てきて、興味を惹かれますし、北海道という異国の地をどのように中国の人は見ているのか?ということも分かりましたし。一言で言うと、結構等身大の映画でした。リアルな感じがするというか。
主人公が、ひょうんな大発明?から、成金の大金持ちに特許を売りつけ、そのお金を元に、今後の人生を生きるべく、結婚相手を捜すのですが、会う人会う人、それなりに特徴のある人ばかりで、なかなか運命の出会いとはいかない中、不倫をしている女性に出会い、惹かれて行ってしまい、北海道へ一緒に旅行する、という感じの展開なのですが。

話全体、というよりはディテールが面白いのかなと思います。北海道が舞台とはいえ、道東なので、札幌とかは出てこないのですが、温泉とか、ってこうやって憧れているのかな?とか、そういう中国側から見た日本が結構脚色されることなく、等身大で描かれているのが良かったです。

なかなか興味深いというか、勉強になった一本でした。

official site
[PR]
by myaquarium | 2010-03-14 22:42 | movie

英国王給仕人に乾杯!

c0062361_17315667.gif

公式サイト

久々に映画を観た。Esquire2月号のお薦め映画に掲載されていて、チェコの映画ということと、監督であるイジー・メンツェルが、「ユーモアがない描写に、真実みは宿らない。」というコメントをもって、作品を紹介していたので、なんか観てみようという気になったのです。
確かに、ストーリーそのものは、ある意味残酷だし、糾える縄の如し、というか因果応報というか、だけど、劇場が何度も違った種類の笑いに包まれた。失笑もあれば爆笑もあるような、笑いの表情もこんなに豊かだったか?と改めて思う。
『ベルリン僕らの革命』のユリア・イェンチも登場していて、ヨーロッパ映画の熟成を観るような気もした。奇をてらった特殊な演出もないけど、温かみのあるホッとする演出。
しかし、チェコにはやっぱりビールが欠かせない。学生のときにプラハで飲んだ夏のビールの爽やかさは、忘れられない。あ〜プラハにも行きたくなってきた・・・。

原作者のフラバルの本は読んだことがないけれど、『存在の耐えられない軽さ』のクンデラは読んでいたけど、どこか快活な性の描き方は、都会的で妙に神格化もされず、非常に等身大というか、日常の延長で特徴的だと思った。イデオロギーが入って来れない場所の一つなのかもしれない。

高圧的ではないけれど、どこか心にしまっておきたくなる、そんな映画でした。そういえば、タイトルが全てなのかもしれない。英国王の給仕人は主人公が尊敬する大先輩なのですが、ナチスドイツに対して、チェコ人の誇りを失わなかったがために、捕われてしまう。しかし、見事にドイツへ鞍替えをした主人公は生き延びて、ある意味人生を謳歌するのですが、その主人公の生き方にユーモアを交えて、どこか、否定はしていないものの、やっぱり英国王の給仕人に誇りに乾杯なのでしょう。
[PR]
by myaquarium | 2009-01-04 17:32 | movie

バブルへGO!

c0062361_23411052.gif

飛行機の中で見たのですが、ま〜そりゃ実に軽い話です。確かに。
でも、例えば90年代を謳い上げようとしたら、いったい、どういう映画になるのか?ということに対しての80年代というか、80年代後半のバブルと呼ばれる時代のこのイメージのはっきりしていることといったら!

世界的に見れば冷戦が終わり、まさに新しい世界が始まったそんな中での日本。内容よりも、社会的に資料価値のある1本かもしれませんね。尤も正かどうかも、体験していないのでわかりませんが笑。
[PR]
by myaquarium | 2007-08-29 23:40 | movie

パイレーツオブカリビアン ワールドエンド

c0062361_17282923.gif

久々に、相当、久々に、映画館で映画を見ました。

コテコテですが、シリーズ的にも見ているので、やはり、最終回もみないと、ということで笑。

やっぱり、ジョニーデップは素敵ですね。何となく船長のイメージって恰幅が良くておっちょこちょいよりは、冷静沈着なイメージですけど、まったく、ひょろっとしたお惚け船長というキャラクター設定かつ、それにジョニーデップを当てはめるとは、やはりキャスティングが優れています。ホント。

ディズニー映画ですし、ただただ、楽しめば良い映画ですが、当時の世界地図らしく、世界の終わりに巨大な滝っていう設定は、面白いですね。google earthの時代になっても、地球が丸いってやっぱり、頭で理解は出来ても、経験的には良くわからないですよね。喩え水平線が球体になっていても、やっぱり。

また、東インド会社の扱われ方も史実は置いておいても、あ〜きっと近代化って、こういうことなんだろうな〜なんて思わせる節もあって。

お時間あるときに是非☆
[PR]
by myaquarium | 2007-08-05 17:28 | movie

パイレーツ オブ カリビアン

c0062361_22224780.gif


ジョニーデップって、ホント面白いですね。シザーハンズ以来、チャーリーとチョコレート工場じゃないけれど、どこか、変わった、異なった、映画に出ていますが、でもやっぱり、このパイレーツオブカリビアンでの、ジャックスパロウ役は、相当ハマっています。

面白い!

難しいこと考えずに笑える映画、という趣旨では、非常にしっくりくる映画です☆
[PR]
by myaquarium | 2006-08-13 22:22 | movie

rent

1ヶ月振りの更新になってしまいました。

多忙を極めて、ということにしておいてください笑。

c0062361_21141944.gif

久々ついでに、映画を観ました。rentです。Seasons of Loveを聴くだけでも何故か涙が出てきてしまうくらい、心を揺さぶるものがありました。

525,600 minutes. How do you measure, measure a year?
In daylights, in sunsets, in midnights, in cups of coffe
in inches, in miles, in laughter, in strife....

と歌い上げる中で、どうしてか、この "in cups of coffe"っていうところでぐっと来ます。

『今を生きる』(尤も、原題はdead poets societyだけれど)よろしく、"生きる"よりは"生活する"というか、そういう当たり前の喜びに、そして夢の大切さを、友情の代え難い素晴らしさを心の底から歌い上げた、そう、突き抜けた作品でした。

脚本、作曲、作詞をてがけたジョナサン・ラーソンが開演前夜に急死するなど、このミュージカルの誕生そのものが、ミュージカルになりそうな位の衝撃を持って幕を開けたけれど、ブロードウェイでは1996年のスタート以来4000回の上演を超えるロングラン。脚本はピューリッツァー賞を受賞し、トニー賞はもちろん、賞を総なめ。

そのミュージカルを今回は、ハリポタシリーズのクリスコロンバスが映画化。観たかったブロードウェイミュージカルが、映画館で楽しめる、ようになったのが、今回のこの作品。

ワンシーンワンシーンの意味が、本当に等身大で描かれていて、そして、その描写が心にひとつひとつ突き刺さる様な感じがしました。

1989年〜1990年のNYを舞台にして、ドラッグ、エイズ、同性愛、などの"問題"を目の前にしながらも生活している若きアーティスト達が主人公。

liveを日本では、住むとか生きるとかって訳す。

"I live in Tokyo."  私は東京に住んでいます。でも、本当は、私は東京で生活しています。の方が正しい訳だといつも思う。住むっていうのは何故かとても受動的な響き。そうではなくて、生活をするというか、そういう意味ではもっと、「生きる」っていうことに軸足を置いた「生き方」、それがきっと人生につながるのだろうし、意味がある様な気がする。

そして、まさにこの"rent"という作品は、生き方につながる、バイタリティを与えてくれるのでした。絶対に観た方が良いです笑。

公式サイト
[PR]
by myaquarium | 2006-05-06 20:55 | movie

2005年のムービーニュース

今年は、極端に映画を見ない一年でしたが、印象に残った作品は2つ。

『グッバイレーニン』と『皇帝ペンギン』

日本の映画が、諦めの先の笑いやお涙ちょうだい系に走っているのに対して、現実に視線を向けた、しかも、若々しい視点で綴った、グッバイレーニンは、とても素敵な映画でした。

皇帝ペンギンは、かわいい、これにつきます笑。「超かわいくない〜」と、割り箸を見ても言える女子高生に、かわいいって言うのは、こういうのを言うんだって教えてあげたい。(あ!四捨五入をすると30歳になってしまったからか、おっさん的なコメントが‥。

というか、面白そうな映画がなかった一年でした(言い訳)笑。

皆さんの2005年の一本はなんでしたか?教えてください☆
[PR]
by myaquarium | 2005-12-28 22:31 | movie