デザイン、リゾート、建築、本、映画、音楽、に関すること。myaquariummail@gmail.com


by myaquarium

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
art
city
music
movie
think
book
design
resort
magazine
food
未分類

以前の記事

2016年 09月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

お気に入りブログ

あきよしちひつどう
ライター・原口純子の北京日記
YUZURIHA NEWS
日常と映画の関係
portagioie
Feels like h...
建築設計な日々(遊工舎・...
中国の風 - 天気良好、...
中国語奮闘記
エンゾの写真館 with...
*あみの中国語ブログ*
詩と人生と
九谷焼の北山堂 店長日記
note
t.a.t.d.
待ってろkichiji
Design BLOG
異邦人
HEROM'S冩眞舘
Kippis! from...
ヤマザキマリ・Seque...
酔いどれ広報マン中国をゆく
ことことのなにげない日々...
ゆらゆら日記
おいしい旅。
ツレヅレハナコ blog...
KA4K
うひひなまいにち
lightanddishes
su・te・ki Seoul
内澤旬子 空礫絵日記
ML日誌
五本木日和
あの空のむこう側

最新のコメント

http://www.d..
by uvlaEssexia at 15:33
Yes, the gov..
by gayKl at 00:09
お久しぶりです。 旅行..
by mhikari3 at 19:53
>あっきさん すみませ..
by myaquarium at 08:10
ご無沙汰です。鞄が喜んで..
by おさむっち at 15:47
たけさん生きてるのかな、..
by あっき at 07:21
こちらこそ!宜しくお願い..
by myaquarium at 10:30
ご無沙汰しております。 ..
by おおかわ at 00:11
屋形船のような風流なもの..
by syano at 23:58
バターは確かに。でも美味..
by myaquarium at 22:22
いいですね。 最近私も..
by あっき at 00:21
有り難うございます。そう..
by myaquarium at 07:36
1000件、おめでとうご..
by mhikari3 at 15:07
良いですね。ちょっとどう..
by myaquarium at 17:14
ウイスット・ポンニミット..
by みしな at 23:06
そうなんですね!でも完売..
by myaquarium at 08:49
あら、先週いました。ワタ..
by あっき at 22:34
そうそう女性のお客さんの..
by myaquarium at 21:41
かわいいです~。色がぐん..
by みしな at 00:29
当たり前なのかもしれない..
by myaquarium at 23:27

LINK

最新のトラックバック

宇宙の95%が完成、ピー..
from web magazine G..
ハリケーン損害、大規模停..
from 【新着】アメリカ ハリケーン..
よろしく
from こんにちは
クラムボン 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
「歌舞伎町のミッドナイト..
from 月灯りの舞
ピアノ講師の求人募集転職..
from ピアノ講師の求人募集転職採用..
テロルの決算 沢木耕太郎
from 国内航空券【チケットカフェ】..
湘南の不動産
from 湘南住宅ナビ
WEBマーケティングとS..
from マーケティング.biz
MOSの資格と求人
from 転職求人

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
本・読書

画像一覧

カテゴリ:music( 110 )

ベンチャーとしてのクラムボン

昨日は、昨年の6月以来のクラムボンのライブへ。クラムボンは、かれこれ20周年を迎えている3ピースバンドで、ボーカルの原田郁子、ベースのmito、ドラムの伊藤大助という個性あふれるメンバーが、ジャムってるシズル感のある音作りを楽しんでやっているところが特徴なんだと思う。
imaginationという少し懐かしい曲でスタートしたライブは、いつも通りスタートしたと思ったのだけれども、確かに、会場案内を大助がしていたり、いつの間にか郁ちゃんのキーボードが変わっていたり、今思えば少しいつもとは違ったのかもしれない。
そして、3曲終わったところで、個人的にはライブ初めての体験を。アーティストを議長団として、観客が株主総会という異例の20分がスタートする。
mitoが丁寧に20年間、ワーナー、コロムビアというメジャーレーベルでお世話になったことを、そしてその中で、プロデュース、プロモーション、セールスといった伝手を学んできたことを朴訥に伝え始める。話は徐々にファイナンスの話へ。CDが売れた時にアーティストにはどれほど戻ってくるものなのか?mitoからすれば、その割合が少ない、という話がしたかったわけではなくて、自分たちがやりたいことをやるために必要な金額があるのだろう。例えば年間、CDの制作費とか、音源の機材とか、そして自分たちの生活の費用とか、それを補うために今の仕組みの中では、しかも2016年という既存の音楽業界のビジネスモデルが変わってしまっている中では、今のままの方法でそれを実現することは不可能だと。
郁ちゃんが、それを受ける形で、だから、CDは直販を。そして直販会場としてのライブを自分たちで会社を立ち上げてやっていこうと決めたと打ち明ける。さらに、売ってくれる先も是非紹介してほしいと。
もちろん、アーティストからこういう話を聞きたくないとか、ライブでは、音楽を聴きたい、という話はその通りだとも思う。でも、それにしても、なんと潔いというか、等身大の自分たちをさらけ出して、それでも、好きな音楽を作っていきたいということを、40歳を超えて改めてライブの場で伝えられることは尊敬できる姿勢だと思った。

もちろん、「戦略」は色々あると思うし、グローバルで売れれば違う未来もあるのだろう。だけどそのためには、やっぱりプロモーションだったりクリエイティブなこと以外にもっと時間を使うことになるのだろうし、仮に優先させることが、自分たちの音楽を限りなく広げていくことではなくて、まず作りたいものを作りたい、いわば職人としての境地に立つなら、それは一つの立派な「戦略」だと思う。有名シェフとしてやっていくのか、チェーン化していくのか、経営としては後者の方が秀でている面もあるのかもしれないけれども、でも、全員がその「戦略」を取る必要はないのも事実だと思う。

正直、ビジネスの世界で言えば、企業をスピンアウトして独立するという話は全然珍しくないし、それでうまくいく事例も沢山ある。だけど、彼らの世界では本当に清水の舞台から飛びおりる覚悟というか、前例があまりないことなのだろう。その意味でも、この2016年というスモールビジネスが大企業並みの武器を持って戦える時代という背景も踏まえて、クラムボン株式会社(実際には有限会社トロピカル)の実質株主のファンにはある種の責任すらあるような気もしてくる。

いつもよりも、とってもバイタルサインが心に響いたライブでした。

[PR]
by myaquarium | 2016-03-27 11:01 | music

4年目のLe Chapon

c0062361_19242597.jpg

c0062361_19244489.jpg

c0062361_19243851.jpg


2008年に作ったLe Chapon。今年で丸3年、4年目。GW前ですが、今期のスタートスタジオイン。今年はどんな一年になるのか楽しみです。
[PR]
by myaquarium | 2012-05-06 19:41 | music

苦楽無凡、国技館ライブDVD

c0062361_20373413.jpg


豪華ですね。去年の国技館ライブのDVD。

クラムボン公式サイト

行きたかったな。国技館って、武道館より大きな箱なのですね・・・。でも、なんかざわついた感じとか、クラムボンらしい感じがします。しかし、それはそれは、楽しそうに弾いてるな。やっぱり、音楽はこうやらなきゃなと、思います。

<収録曲> disc1---シカゴ/パンと蜜をめしあがれ/ドギー&マギー/ジョージ/GLAMMBON/波よせて/はなさくいろは/コントラスト/便箋歌/ナイトクルージング/あかり from HERE/KANADE Dance disc2---GOOD TIME MUSIC/はなれ ばなれ/サラウンド/NOW!!!/バイタルサイン/Re-Folklore/312(mito solo)/ある鼓動/tiny pride/雲ゆき(全22曲収録)
[PR]
by myaquarium | 2012-05-02 20:37 | music

祈り

c0062361_2312665.jpg

久々のミスチル。なんか、ホッとする。


1. 祈り ~涙の軌道
2. End of the day
3. pieces

の3曲。

アレンジに相変わらず小林武が入っているからだろうか笑。ある意味かわらないというか。ミスチル聞きたいなーに確実に応えてくれるそういう楽曲。でも、ジャミロクアイまで言わなくても、そりゃホントに自分で作っていれば、どうしたってみんな似たようになるに決まっているというか、それが大切なことなのかもしれない。
[PR]
by myaquarium | 2012-04-17 23:30 | music

カルペディエム

c0062361_1545522.jpgAquzTimezのカルペ・ディエム。同世代のバンド。個人的な印象としては、Mr.ChildrenとGrapevineを足したような感じ。なんか銀河鉄道の夜が、結構しっくりきてしまった。アルバムのタイトル曲のカルペディエムのギターリフも割と好きです。そう、そしてカルペディエム、今を生きる、ということで、ロビンウィリアムズがキーティングを演じた映画『今を生きる』そのものでもある訳で。
そう大切な言葉の1つです、カルペディエム。
[PR]
by myaquarium | 2011-04-23 15:05 | music

クラムボンベストアルバム

c0062361_010226.jpg
クラムボンのベストアルバム。待ってましたよみうりランドのDVD。ア〜シッカリ映っているなんて、確認しつつも、あの時の感動を思い出します。今年もライブがありますし楽しみです。ライブのスタートは福島会津からです。ちょっと予定が合わなさそうですが、音楽を是非届けて欲しいと思います。
[PR]
by myaquarium | 2011-04-20 00:08 | music

フィッシュマンズ

ふと、twitterを見ると、フィッシュマンズ原田郁子等が、ライブストリーミングチャンネル「DOMMUNE」で被災地支援配信 「WE PRAY FOR JAPAN」というイベントをしていることをしって、見てみた。3月28日のことですが。とても良かったです、想いが伝わってくるイベントでした。
そういえば、クラムボンのベストアルバム発売特設ページで、去年のよみうりランドライブの一部が見られます!特に便箋歌は是非聞いてみてください。アドリブを超えたこの空気。いつか自分たちもこういう空気を作れるのかな?
そして、多分、友達っていうか、誰がためってこういうきっと空気感。幸せはやっぱり思いやりから生まれてくるから。だから、やっぱりこの歌はいつまでたっても色あせることのない曲なのだと思います。
出来ることは少なくて小さいけれど、1つ1つ変えて行かなきゃいけないと。もう4月だ。
[PR]
by myaquarium | 2011-04-01 16:49 | music

The New Song練習中。

c0062361_2392294.jpg

ClammbonのThe New Song特訓中です。OriginalのVersionで練習しているのですが、しかし。このハイテンションの曲、弾いてみて思いますが、凄い曲ですね。何と言うか、クラッシックと言うと大げさですが、スケールの大きさと言うか、何でもござれの感じというか。コピー泣かせです。

特に間奏からの盛り上がり方は半端じゃない、ということをつくづく感じます。百年蔵のLive Verが個人的には相当好きなので、loopして聞けてしまいますが、時間をかけてここまで変化していける、正に育って行く感じは、ホント凄いと思う。

人のエネルギーってやっぱり半端なものではないと改めて感じます。
[PR]
by myaquarium | 2010-10-07 23:08 | music

ACIDMAN

c0062361_225216.jpg
ACIDMANの"ある証明"がloopしているという旧友からの連絡を受けて至急購入。イメージは分かる。ロックと言うか、個人的にはオルタナというジャンルに入るのではないかと思う。rを巻くのはご愛嬌だとしても、このコード進行、嫌いじゃない。昔だとエレファントカシマシとか(声?)とか近いのかな。間奏の煮え切らない中途半端な雰囲気が結構ぐっと来る。その後の、ディレイも、印象的だし。

ピアノを弾いている人間からすると、ギターって凄い楽器だな、と思う。羨ましいというか。揺らぎの中に、世界があって。アンプとエフェクターが音に魂を込めている感じがする。
それに比べるとピアノの音ってなんて、揺るぎないのだろうと、神経質な感じさえするけれど、その逆に素朴さというか清純さが、混沌とする、ぎりぎりの秩序の中で、飛び跳ねるのが面白い、とも思えるけれども。

ご要望に応じて、なんとか曲を作りだそうと思います。良い所まで出来ていると思うけれど、やっぱりギタリストに弾いてもらわないと、しっくりこないのだろうな・・・。
[PR]
by myaquarium | 2010-10-07 22:49 | music

toe

c0062361_22405784.jpg
toe。LeChaponのドラマーが、最近お気に入りの様子。クラムボンのIkukoも、登場しているので、前から気になっていたので、改めて聞いてみました。インスト中心なのですが、素敵です。ちなみに、このジャケットの"For Long Tomorrow"に入っている、After Imageという曲の冒頭が、トトロの残像って聞こえるのって空耳なのかな〜笑。なんか、それなりにシリアスな入りなのに、目の前を中トトロが過ぎて行ってしまって、なんか可笑しくて。
グッドバイも良い曲ですし、そうだな、ま、やっぱり歌もあっていいのでしょうね。好みでしょうが。
[PR]
by myaquarium | 2010-10-06 22:38 | music