デザイン、リゾート、建築、本、映画、音楽、に関すること。myaquariummail@gmail.com


by myaquarium

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
art
city
music
movie
think
book
design
resort
magazine
food
未分類

以前の記事

2016年 09月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

お気に入りブログ

あきよしちひつどう
ライター・原口純子の北京日記
YUZURIHA NEWS
日常と映画の関係
portagioie
Feels like h...
建築設計な日々(遊工舎・...
中国の風 - 天気良好、...
中国語奮闘記
エンゾの写真館 with...
*あみの中国語ブログ*
詩と人生と
九谷焼の北山堂 店長日記
note
t.a.t.d.
待ってろkichiji
Design BLOG
異邦人
HEROM'S冩眞舘
Kippis! from...
ヤマザキマリ・Seque...
酔いどれ広報マン中国をゆく
ことことのなにげない日々...
ゆらゆら日記
おいしい旅。
ツレヅレハナコ blog...
KA4K
うひひなまいにち
lightanddishes
su・te・ki Seoul
内澤旬子 空礫絵日記
ML日誌
五本木日和
あの空のむこう側

最新のコメント

http://www.d..
by uvlaEssexia at 15:33
Yes, the gov..
by gayKl at 00:09
お久しぶりです。 旅行..
by mhikari3 at 19:53
>あっきさん すみませ..
by myaquarium at 08:10
ご無沙汰です。鞄が喜んで..
by おさむっち at 15:47
たけさん生きてるのかな、..
by あっき at 07:21
こちらこそ!宜しくお願い..
by myaquarium at 10:30
ご無沙汰しております。 ..
by おおかわ at 00:11
屋形船のような風流なもの..
by syano at 23:58
バターは確かに。でも美味..
by myaquarium at 22:22
いいですね。 最近私も..
by あっき at 00:21
有り難うございます。そう..
by myaquarium at 07:36
1000件、おめでとうご..
by mhikari3 at 15:07
良いですね。ちょっとどう..
by myaquarium at 17:14
ウイスット・ポンニミット..
by みしな at 23:06
そうなんですね!でも完売..
by myaquarium at 08:49
あら、先週いました。ワタ..
by あっき at 22:34
そうそう女性のお客さんの..
by myaquarium at 21:41
かわいいです~。色がぐん..
by みしな at 00:29
当たり前なのかもしれない..
by myaquarium at 23:27

LINK

最新のトラックバック

宇宙の95%が完成、ピー..
from web magazine G..
ハリケーン損害、大規模停..
from 【新着】アメリカ ハリケーン..
よろしく
from こんにちは
クラムボン 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
「歌舞伎町のミッドナイト..
from 月灯りの舞
ピアノ講師の求人募集転職..
from ピアノ講師の求人募集転職採用..
テロルの決算 沢木耕太郎
from 国内航空券【チケットカフェ】..
湘南の不動産
from 湘南住宅ナビ
WEBマーケティングとS..
from マーケティング.biz
MOSの資格と求人
from 転職求人

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
本・読書

画像一覧

カテゴリ:art( 29 )

吉岡徳仁 クリスタライズ展

言わずと知れた吉岡徳仁展覧会へ。木場の東京都現代美術館は連休の終わりにも拘らずさすが文化の日の振替え休日。混んでいた。全部ではないものの一部で携帯電話を利用した撮影は認められていてある種集客に一役買っている気もした。

最初に登場するのはおびただしい数のストローで表現された空間。確かにそのボリュームは凄い。その手間を考えても途方もない気がする。ただ素朴に思うのは、このストローどうするの?っていうこと。別にアーティストなので小難しいことを考えなくても良いと言う発想も分かる。でも、2013年の現代で、なんの変哲もストーリーも無い、言わば「無駄遣い」の極地としてのこのリソースの使い方は、果たして評価されるものだろうかと?
空間を表現するのは痛々しいほどの物質的アプローチでしか出来ないはずはなくて、それは言わば"Olafur Eliasson"同様、光を吉岡自身の作品の中でも使って表現していることからも言えると思う。建築が、重力に逆らって、軽く、薄く、高くなっていく中で、コンテンポラリーな文脈では消えようとする、という新しくて古い流れがあるのと同様、アートも、存在として、或は意義としても消えようとしているけれど、でも、そこになければアートとして表現出来たことにはならなくて、という矛盾する図式の中、個人的には、吉岡の限界を感じる作品が多かった。
確かに虹の教会は、丁度光が射す瞬間だったこともあり神々しかった。でも、芸術家と建築家の違いと言うか。そこには計算された意思は感じにくかった。確かに仕方ない。建築は空間的経験を言わば手作りでコントロールし切るけれども、アーティストはその場所における経験を全て決めることは出来ないから。でもその代わりに、どのような空間でも思い切った経験をさせることが可能だと思う。その点では、実は虹の教会の展示室に置いてあった椅子に座ることが面白い経験なのかもしれない。率直に言うと、建築家になりきれない芸術家、という感じがしてしまったのだ。いや、建築への憬れと言い換えても良いかもしれない。そう考えると、彼のプロダクトはとても完成度が高いと思う。そう、別に建築家と張らなくても良いのではないかと。

その点で言うと、いっそBerndnaut Smildeの方がぶっ飛んでいて面白い。福田尚代とかもある意味、同じような気がする。自分でコントロール出来るものを圧倒的にコントロールしてアートにするというか。そもそもアーティストに定義なんて無いかもしれないけれど、アートがアートであるためには、それは極めて自省的な行動にどうしてもなってしまうから(だって自分以外の誰が完成したと決めることが出来るのか?)。だから、別に表現したいものを表現すれば良いのだとは思う。

でも、その結果が、なんか張り合うとか、結果として今の時代の文脈で何のメッセージ性も無い工業製品を大量に使って空間を作り出すとかっていうのは、ちょっと人を感動させるとか、そういうことには結びつかないのではないかと。或は、1つのアートの方向性として、評価されるべき軸ではないのではないかと感じてしまうのでした。

それでも、良いのだということも重々承知ですし、外野がごちゃごちゃ言うな、というのもそうなのですが、なんかちょっと納得感の無い、展覧会でした。


c0062361_16221864.jpg
c0062361_1622985.jpg
c0062361_16215427.jpg
c0062361_16214377.jpg

[PR]
by myaquarium | 2013-11-04 17:07 | art

はじまりは国芳

c0062361_1614139.jpg

横浜美術館の展覧会。芸術の秋と言うことで。
しかし、なんだか結構感動しました。漫画、日本のキャラクターデザインの基礎がそこにある気がしました。パースの取り入れ方も印象に残るように計算され尽くしている感じがしました。
構図、色彩、インプレッション、全てが近代というよりは現代的でこれが150年以上前の作品ということではあるけれども、確かに「はじまりは国芳」というのは合点が行きます。脈々と、ということを感じました。ちゃんと川瀬巴水も紹介していたし。渡邊木版美術画舗で買うことが出来ると言うのも凄いですよね・・・。しかも意外とリーズナブル。恐るべし浮世絵です。
[PR]
by myaquarium | 2012-11-11 17:54 | art

封筒の家

c0062361_19523521.jpg

ツツミさんのワークショップ、封筒の家へ、2回目の参加。花火を今回はイメージしてみて作ってみました。
今日のテーマは、封筒に風穴を空ける。封筒に穴を空けて、封筒の中に背景となる紙をステンシルで描いて奥行きを出すという手法。封筒にも雲をイメージしたラインを入れてみました☆
封筒の家 6月こちらのリンクから詳細が分かります。ほぼ毎月?催されているので宜しければ是非申し込んでみて下さい。
c0062361_2017276.jpg

しかし、こういうことをしていると、ホント創作意欲が爆発しそうになりますね笑。表現することは、自分と向き合うことに他ならないから、瞬発力含めてなんか、普段使わない筋肉を使っていると言うか、いやむしろ、解きほぐして行く感じかもしれないけれど、心地よい刺激です。
みなさん、有り難うございました!
[PR]
by myaquarium | 2012-07-22 20:26 | art

六本木アートナイト

c0062361_20432891.jpg
c0062361_20434257.jpg
c0062361_20435099.jpg
c0062361_20441663.jpg
c0062361_20442376.jpg


面白かったです。こんなに人が居るの!ということにまず驚きましたが。夜9時を回っているのに、国立新美術館にいられたりというのはなかなかテンションがあがりました。
国立新美術館で開催されていた「アーティスト・ファイル2010—現代の作家たち」展で展示されていた福田尚代の作品の前にはもの凄い人だかり。でも、回文、まるで木彫刻のような文庫本や、蓮で埋められたグラデーションなどは圧巻でした。面白かったです。
それと、21_21sightでやっていた「クリストとジャンヌ=クロード展 LIFE=WORKS=PROJECTS」は、調べずに来てしまったのですが、見られて良かったです。NYのセントラルパークでのオレンジ色の布を沢山立てたイベントや、アンブレラをアメリカと日本に立てた企画は、ホント、ランドスケープを作り出す、とてもインスピレーションを受ける作品です。お台場の計画も実現して欲しかった!

六本木ヒルズでのキダムのショーには歓声が上がり、マリオ・マルティネッリ 《人、影、街》に友人は転び笑、クリス・オシェイ 《天からの手》にM社長も手を振り、浅野 耕平 《ガーデン》の中では夢中で紙吹雪をあげる、なんか、昔見たロミオとジュリエットとパーティーのシーンというか、ちょっと浮世離れした浮遊感漂う夜でした。ちょうど夢のような。

六本木アートナイト公式サイト
[PR]
by myaquarium | 2010-03-28 20:58 | art

ルイスバラガン展

c0062361_2013796.jpg

相当久しぶりにワタリウム美術館へ行った。何時ぶりだろう?思い出せないけれど、振り返ると六本木ヒルズが聳えたっていて、それがなんか懐かしく感じられた。
ルイスバラガン展、以前にも東京都現代美術館でやっていて、確かその時は同スケールの水盤と窓が再現されていたような記憶があります。それが、2002年か・・・。ほぼ10年経っているのかと思うと、なんだか、歳をとったな、と改めて感じます。その時の印象は、ピンク、直角、直進する光、といったところでしょうか。窓のエッジが奇麗に投影されるとかそういうところから、当たり前ですけれど直進するというかまっすぐな光の世界を感じました。メキシコの刺すような(体験したことはないけれど)光が影響しているのでしょうか。広がる光とか、曖昧な境界ではなくて、明確に境界があるような、そういうイメージ。
という訳で、今回の展示会。事前に聞いていたのですが、確かにコルビジェ直筆の手紙は、何だか妙に微笑ましいというか、人間性が出ていて、とても印象に残りました。
最終日、ということもあって、混んでいたような気もしますが、仕方がないけれど、展示スペースが狭いですね・・・笑。ただ、SANAAのデザインのお陰なのでしょうが、丁度晴れていたこともあって天井からのストレートな自然光が、吹き抜けを通じて床や葉を照らす様は、とても趣があって、そして凛とした感じがしてよかったです。
最終日だったけれど、体験出来てよかった。ぎりぎりセーフでした。
ワタリウム美術館
[PR]
by myaquarium | 2010-01-24 20:16 | art

ミシュラン

c0062361_1861823.jpg

どんなものだろうと思い、今年は買ってみました。世界で一番☆の数が多いという東京。三ツ星レストランの数も世界一。
三ツ星の意味って、そのために旅行する価値がある卓越した料理、二ツ星は、遠回りしてでも訪れる価値のある素晴らしい料理、っていう意味なのですね。面白い。
ま〜三ツ星レストランに行くことなど、そうそうないでしょうが、意外とホテル内のレストランも☆を取っているのですね。勉強になります。意外と掲載写真が雑なのは、覆面調査しているから?なのでしょうか笑。

プレスリリース
[PR]
by myaquarium | 2009-11-20 18:05 | art

アイ・ウェイウェイ展

c0062361_19372390.jpg
c0062361_19373425.jpg
c0062361_19374473.jpg
c0062361_19375158.jpg


なかなか、興味深かったです。どこか、連帯というか、連合体というか、そういうことを強く感じました。必ずしも作者の意図ではないのかもしれませんが。
私の不勉強もあるのでしょうが、そう言えば、日本の現代アートのシーンで、日本地図というか、日本の形って必ずしもモチーフになっていないような気もするのですが、逆に地球とか、グローバルな姿は良く見かけますが。

円が重なっているのは面白いですが、絶妙すぎて酔います。見ていると目が回る感じ。

この写真自由なオープンな雰囲気を味わえるだけでも、なんか、素敵です。ルーブルでさえ撮影自由なのにね。

アイ・ウェイウェイ展サイト
[PR]
by myaquarium | 2009-11-04 19:37 | art

横浜トリエンナーレ

c0062361_17485069.jpg


まだ行っていないのですが、今年は横浜トリエンナーレがありますね。

このブログでも紹介されている隈研吾の作品と、Ring Domeとそっくり。

来週は行こう!と思います。
[PR]
by myaquarium | 2008-10-13 17:48 | art

ash and snow

c0062361_2048371.jpg
c0062361_20484725.jpg
c0062361_20485498.jpg


公式サイト

街を歩いていて、ご覧になった記憶はございませんか?この象さんが、坊や僧侶の講釈を聞いている様な写真。

ミスチルのボレロのジャケットなんかを撮影している野村浩司が、タイトルの4月号の中でコメントを寄せていて(p.78)、「一年前にこの写真集に出会ってから、僕はフィルムで撮影するのをやめてデジタルに切り替えました。フィルムは全部コルベールに使ってもらえばいいと思ったから」と言わしめた"ash and snow" Gregory Colbertの写真展。お台場でやってます。

HPが充実しすぎていて、ある意味、HPの内容を、大きなスクリーンで見る、ということでしかない上に、大人1,900円(私は大学生なので1,600円笑)!もしますので、決して安い訳でもないのですが、ないのですが、是非、行ってみてください。価値ありです。どうやって撮影したのか?ということは展覧会に行ったからといって、全く分からないのですが、でも、それは、マジックを見に行ってネタがやっぱり分からないことと似ているし、分からないから、ミステリアス(リッツカールトンだとミスティーク笑)で良いと思います。

もし、今回のコルベールの作品が、合成写真だったとしたら価値がないのでしょうか?私は、そうではないような気がします。写真が合成でないことは、付加価値でしかないというか。そんなことより、実際に描写されている、切り取られた夢の様な瞬間、瞬間を、まさに「切り取った」あるいは、「切り取ろうとしている」コルベールの姿に心を打たれます。同じ様な写真を合成して作り出すことだって、出来るのに、出来るけれど、ほとんどの人は気づけなかったのではないのかな?って。こういう構図というか、世界に。

もし、コルベールの作品を見て、意表をつかれたのだとしたら、それこそが、コルベールの作戦な気がする。こんなにも自然は美しくて、偶然で溢れていて、人と人どころか、種を超えて生きているのに、そんな瞬間すら気づけないのですか?貴方は?って。

世界は本当は幸せで満ちあふれているはずなのに、美しい物で満たされているはずなのに、写真展でしかそういうことに気づけない。いや、気づけるだけでも幸せなのか・・・。だからこうして足を運んで見に行くのでしょうか?

あと、このノマディック美術館、日本より世界で有名らしい、坂茂の作品です☆中は外と同じ気温なので、寒かったり暑かったりは洋服で要調整です☆
[PR]
by myaquarium | 2007-03-30 20:49 | art

ムサビ

c0062361_21445849.gif

少し迷って入るものの、ムサビに通信で通おうかと検討中。

やはり、一度、体系だって学びたいという気持ちにものすごく取り憑かれている。何を?デザインを。

大学の4年間は、結構、本気で勉強をしたと思う。ゼミ3本に自主ゼミ1本、毎週1000Pのペーパー読破生活は、それなりに、大変だったけれど、あ〜自分の好奇心には果てがないな〜なんてことを思う程、そう、よくスポンジの様に、っていうけれど、それくらい、色々なことを吸収出来た気がする。

そして、就職をして、多少ペースは落ちたものの、相変わらず本だけは気をつけて読み続けてきた。

高校の時に、テストで国語の問題が全く解けなくなったことがある。小説を題材にした問題なんて悲劇的で、本当に、選択問題ですら半分もあっていない、ということさえあった。本は当時も大好きだったし、沢山読んでいたのに、すごくショックだった。そして、国語の先生に、素直に相談したら、個別に添削をしてくれることになった。その先生はZ会の問題を作ったこともある先生だったのですが、ある時、親に、『評論なんて怖くない』という本を貰ったこともきっかけになって、そうか、問題文を読むことと、問題を解くことは別問題、というか、要は問題を解ければいいのか、という当たり前のことに気がつき、それからは、問題文も読まなくても解けるくらいに、感性は磨かれたのですが、そんなきっかけをくれた国語の先生から、年賀状を貰ったのですが、そこには、「よく本を読んでいますね。沢山本を読むといつか、君が磁石になりますよ」っていうコメントが書かれていて、その言葉は、自分の中で大切にしている言葉の一つで、要するにそれを実践している、ということから、本は読み続けているのです笑。

何より、本を読むことは、作者との対話なので、純粋に楽しいことですしね。

そう、それで、社会に出てから、どうもデザイン関係の本を読む機会が多くなり、ここまで読んだのだから、一度体系だって、整理してみたいなというまた、知的好奇心が出てきてしまっている感じです笑。

折角だから、建築という切り口で、とは画策しているのですが。さて、どうするかな・・・。
[PR]
by myaquarium | 2006-04-06 21:47 | art