デザイン、リゾート、建築、本、映画、音楽、に関すること。myaquariummail@gmail.com


by myaquarium

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
art
city
music
movie
think
book
design
resort
magazine
food
未分類

以前の記事

2016年 09月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

お気に入りブログ

あきよしちひつどう
ライター・原口純子の北京日記
YUZURIHA NEWS
日常と映画の関係
portagioie
Feels like h...
建築設計な日々(遊工舎・...
中国の風 - 天気良好、...
中国語奮闘記
エンゾの写真館 with...
*あみの中国語ブログ*
詩と人生と
九谷焼の北山堂 店長日記
note
t.a.t.d.
待ってろkichiji
Design BLOG
異邦人
HEROM'S冩眞舘
Kippis! from...
ヤマザキマリ・Seque...
酔いどれ広報マン中国をゆく
ことことのなにげない日々...
ゆらゆら日記
おいしい旅。
ツレヅレハナコ blog...
KA4K
うひひなまいにち
lightanddishes
su・te・ki Seoul
内澤旬子 空礫絵日記
ML日誌
五本木日和
あの空のむこう側

最新のコメント

http://www.d..
by uvlaEssexia at 15:33
Yes, the gov..
by gayKl at 00:09
お久しぶりです。 旅行..
by mhikari3 at 19:53
>あっきさん すみませ..
by myaquarium at 08:10
ご無沙汰です。鞄が喜んで..
by おさむっち at 15:47
たけさん生きてるのかな、..
by あっき at 07:21
こちらこそ!宜しくお願い..
by myaquarium at 10:30
ご無沙汰しております。 ..
by おおかわ at 00:11
屋形船のような風流なもの..
by syano at 23:58
バターは確かに。でも美味..
by myaquarium at 22:22
いいですね。 最近私も..
by あっき at 00:21
有り難うございます。そう..
by myaquarium at 07:36
1000件、おめでとうご..
by mhikari3 at 15:07
良いですね。ちょっとどう..
by myaquarium at 17:14
ウイスット・ポンニミット..
by みしな at 23:06
そうなんですね!でも完売..
by myaquarium at 08:49
あら、先週いました。ワタ..
by あっき at 22:34
そうそう女性のお客さんの..
by myaquarium at 21:41
かわいいです~。色がぐん..
by みしな at 00:29
当たり前なのかもしれない..
by myaquarium at 23:27

LINK

最新のトラックバック

宇宙の95%が完成、ピー..
from web magazine G..
ハリケーン損害、大規模停..
from 【新着】アメリカ ハリケーン..
よろしく
from こんにちは
クラムボン 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
「歌舞伎町のミッドナイト..
from 月灯りの舞
ピアノ講師の求人募集転職..
from ピアノ講師の求人募集転職採用..
テロルの決算 沢木耕太郎
from 国内航空券【チケットカフェ】..
湘南の不動産
from 湘南住宅ナビ
WEBマーケティングとS..
from マーケティング.biz
MOSの資格と求人
from 転職求人

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
本・読書

画像一覧

2010年の4月

2000年に比べて呆気なくスタートした2010年ももう気がつけば4月も終わろとしている。上海万博が5月から開幕する。Better City, Better Lifeがテーマ。10月までの6ヶ月間で7千万人を超える入場者を見込んでいる

さて、翻って東京、オリンピック招致が失敗して、どこか全体感のない、そんなムードが漂っているような気がするな。どこか政治もシラケてしまっているし。結局日本にChangeはなかったのかというか、無かったことにしてしまおう、という雰囲気がし始めているのが怖い。

ラディカルだけど、山本理顕『地域社会圏モデル』が提起する、1住宅=1家族モデルを否定すべきじゃないか?っていうのは面白いと思う。色んな制度が、結局1住宅=1家族モデルを定義づけている。所得税だって、年金だって、戸籍制度含めて、そういうことになっている。別に幻想とまでは言わないし、社会の安定のためには随分有効に機能してきたのだとも感じる。
だけれども、実のところ、そう短くはない日本の歴史の中でも、1住宅=1家族っていうモデルは、それほど普遍的ではないように感じるし、もう少し言えば、一生一戸の1住宅=1家族モデル、ということになっていて、結局膨大なお金を使って、本質的にストックを残していない、という状況が今の日本な気がする。

コルビジェは、水平に広がる都市を垂直にすることで、移動時間を短くするということを言っている。だけど、もう一方で思うのは、特にホワイトカラーの業務形態の場合、オフィスという空間が改めて別に、本当に必要なのか?ということではないかな〜と思う。確かに家の中にあるべきかは分からないけれど、もう少しThird Place的なもので解決出来るのではないか?

そういう両方を考えると、オフィスと住宅って、それほどまでに明確に分けて考えるようなものなのだろうかという気がしてくる。

実際、ホテルに泊まってみると、ある意味大きな寝室に過ぎないホテルで、仕事が捗る場合もあるわけで、さらに突き詰めれば、分譲住宅ではなくて、賃貸なんだと思えば、もっと逆に空間の価値に対して意味を求めるのではないか?という気がする。
the SOHOとか、遡ればLattice shibauraみたいなものが近いと言えば近い。

1住宅=1家族は、核家族が前提だし、その先には、お父さんは芝刈りに、お母さんは専業主婦っていうのがやっぱり制度として求められていて、それは、東京の本社へ、郊外から電車で通う、ということも公共事業としてやっぱり線路が敷かれていて。決して間違っていたとも思わないし、それが成長期の1つの姿であることは間違いないと思う。

だけど、相当大きな変化が、やっぱり足下では起きていると思う。都市間競争とは、別に難しいことじゃない。NYや上海が凄い、ということではなくて、今ここにある東京をどう変えて行くか、どうBetter City Better Lifeを作って行くのか、そう言うことなのではないかなと思う。自分との戦いというべきか。

海外の良い物はもちろん取り入れた方が良いけれど、決して東京をNYへ!では話にならない訳で。或は、模倣という意味では、クライスラービルと全く同じ物を作ってみても良いかもしれない。尤も想像するだけで、その意味の無さに気がつくけれど笑。

地域社会を人工的に作れるか?これは結構難しい。でも、暮らすことがないとまず地域社会は生まれないと思う。もちろん無い訳ではないだろうけれど、丸の内の地域社会って言ってもちょっと語感に違和感がある。

ニューヨーカーに近い言葉を東京でも、江戸っ子なのかもしれないけれど。その意味では、I amsterdamのような『シビックプライド』を盛り上げるのは絶対に面白いと思う。そして、世界の中心ではなくて、東京の中心(の1つ)をイメージして、その拠点或は、ネットワークの要となる場所を概念として投影出来たら、なかなか面白いな〜と思う。もっと小さなエリアでも良いけれども。

本当は、もう一度東京発のホテルとか、レストランとかを再構築する時期な気がする。国際化とは、別に海外にあるものを日本に持ってくることだけじゃない筈だから。有楽町のMUJIに行って、改めて思う何と言うか、ホントに精神の根底に「間」「ゼロ」があるな〜この日本のカルチャーってと思うけれども、赤坂プリンスが閉館ということで、そういうまたやり直す、今度こそ海外に打って出るみたいな文脈の中でのreブランドがあると面白いだろうな〜。

なかなか難しいのかもしれないけれど、アートって言っても、もっと文学に焦点を絞ったものとか、そういうコンテンツも合わせて育てて行けると良いのだろうな〜。MoMAみたいなものでも良いのだけれど。ルールを作ることが最大の戦略ということもあるにはある訳で。精神的にはちょっとフェアじゃないけれど・・・。

一方で、原研哉が、『デザインのデザイン』の中で、東京以外には住まないと思う、というような話をしているのだけれど、実際にどうであれ、多分そこには何か東京というイメージする「経験;共通知となりえる空間性」があって、その中味は、もの凄く色んなストーリーがある、あるのだけれども、フィクションではなくて、『記憶に残る場所』としての意匠もやっぱり必要なのだろうなと思う。新宿の景観が東京の代表的なスカイラインであることは間違いが無いけれど、それは珍しく一応、良くも悪くもある程度関係性をお互いが意識したからなのでしょうね。

そういう関係性を持った街であり都市が、結果として東京を作って行く、そういうことなのかなと思います。
[PR]
by myaquarium | 2010-04-29 18:46 | think